このページの本文へ
ページの先頭です。

水産基盤整備事業について

印刷用ページを表示する掲載日2022年9月15日

広島県では,「2025広島県農林水産業アクションプログラム」に基づき,瀬戸内の地魚の安定供給体制の構築を目指し,県内の水産資源の増大にむけた様々な対策を進める中で,藻場(ガラモ場)の造成等の漁場整備を進めています。

この漁場整備については,国の「漁港漁場整備長期計画(R4~8)」に基づく「水産基盤整備事業」として実施するものです。

このページでは,漁港・漁場整備の将来像の「見える化」を推進するため,本県の漁場整備計画の概要を公表します。

漁港関係事業はこちら[庁内HPへのリンク]

ダウンロード

令和4年度水産環境整備事業(中西部・備後燧地区)の概要 (PDFファイル)(388KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする