このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

飼養衛生管理基準について ~対象家畜(動物)を飼養する皆様へ~

印刷用ページを表示する掲載日2019年5月13日

1 飼養衛生管理基準の概要

 「飼養衛生管理基準」は,家畜伝染病予防法に基づき,次の対象家畜(動物)の飼養者が家畜伝染病の発生を予防するために,遵守すべき事項について定めたものです。平成29年2月に一部の見直しがありました。 

 対象となる家畜(動物)家畜のイラスト

  1. 牛・水牛・鹿・めん羊・山羊
  2. 豚・いのしし
  3. 鶏・あひる(アイガモを含む)・うずら・きじ・だちょう・ほろほろ鳥及び七面鳥

 「飼養衛生管理基準」の内容:

  1. 家畜防疫に関する最新情報の把握等
  2. 衛生管理区域の設定
  3. 衛生管理区域への病原体の持ち込み防止
  4. 野生動物等からの病原体の侵入防止
  5. 衛生管理区域の衛生状態の確保
  6. 家畜の健康観察と異常が確認された場合の対処
  7. 埋却等の準備
  8. 感染ルート等の早期特定のための記録の作成と保管
  9. 大規模所有者に関する追加措置

 詳細はこちら 飼養衛生管理基準本体 (PDF)(554KB)

◆ 畜種別の飼養衛生管理基準に関するパンフレット (農林水産省)

  1. 牛・水牛・鹿・めん羊・山羊編 (PDFファイル)(2.23MB)
  2. 豚・いのしし編 (PDFファイル)(2.27MB)
  3. 鶏その他家きん編 (PDFファイル)(2.28MB)
  4. 馬編 (PDFファイル)(976KB) 

◆  家畜の疾病に関する情報 (畜産課) → こちらをクリック

◆ 農林水産省ホームページ  → http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_shiyou/

◆ 農場に入場する畜産関係者の皆さまへ (PDFファイル)(242KB)

◆ 消毒薬の種類と効果 (PDFファイル)(130KB)

2 家畜伝染病予防法に基づく定期報告について

家畜伝染病予防法(平成23年4月一部改正)の規定により,家畜の所有者は,毎年定められた日までに家畜の飼養衛生管理状況を県知事に報告することが義務付けられています。

定期報告のリーフレット【概要版】 (PDFファイル)(531KB)

詳しくはこちらのページをご覧ください。→ ~家畜伝染病予防法に基づく定期報告について~

問い合わせ先

管轄畜産事務所

住所 電話番号 管轄する市町
西部畜産事務所・
西部家畜保健衛生所

〒739-0013 
東広島市西条御条町1-15

(082)423-2441
(直通)

広島市・呉市・竹原市・大竹市・東広島市・廿日市市・安芸高田市・江田島市
府中町・海田町・熊野町・坂町・安芸太田町・北広島町・大崎上島町

東部畜産事務所
東部家畜保健衛生所

〒720-8511 
福山市三吉町1-1-1

(084)921-1866
(直通)
三原市・尾道市・福山市・府中市・世羅町・神石高原町
北部畜産事務所・
北部家畜保健衛生所

〒727-0011 
庄原市東本町1-4-1

(0824)72-2015
(代表)
三次市・庄原市

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする