このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

BCP普及フォーラム・BCP策定講座・BCP検証机上演習について

印刷用ページを表示する掲載日2019年7月9日

BCP普及フォーラム・BCP策定講座・BCP検証机上演習について

1 目的

平成30年7月豪雨災害での交通遮断等により,事業の停滞等が露見し,BCP(事業継続計画)の策定が進んでいない中小企業等を対象に,災害等の非常事態の中で,通常事業の早期復帰等を目指すためのBCPの策定を支援し,取引先の信用向上等の自社の企業価値向上を目指していただきます。

2 実施概要

○BCP(事業継続計画)の有効性や事業継続力を高めるためには,BCM(事業継続マネジメント)に取り組む必要があります。
○BCP普及フォーラムに参加することで,BCPの目的・意義等の必要性を確認することができます。
○策定講座と机上演習を受講することにより,BCPの策定はもちろんのこと,策定したBCPの有効性を確認し,社内で取組易いBCM(事業継続マネジメント)サイクルの一連のノウハウ・ツール等を修得することができます。

3 BCP策定講座【カリキュラム】

第1回BCP普及フォーラム【東部地区】

BCPの目的・意義等の必要性を訴え,その普及促進を図るためのフォーラムを開催します。
・事業継続とは? ・防災と事業継続の違い
・BCP策定のポイント     ・地震対策としてのBCPからの脱却
・BCMの重要性  ・BCP発動事例(地震,風水害)のご紹介 等
≪講師≫ 国内外で多数のコンサルティング実績を有するBCP/BCM専門家
 ミネルヴァベリタス株式会社 代表取締役 松井裕一朗氏
 
◎経歴
・外資系企業・国内企業・官公庁を対象に“防災,事業継続,危機管理”などのリスクマネジメントに関するコンサルティング業務に従事する一方,自治体などの有識者会議の委員や専門家としても活動。事業継続の専門家として「The BCI Asia Awards」を4年連続(2015年〜2018年)受賞。2018年の「The BCI Global Awards」では,東南アジア地域ならびに日本人初の「Hall of Fame(栄誉の殿堂)」入りを果たす。悩める組織に”本当”のコンサルティングを提供すべく,現役のコンサルタントとして活動中。

◎その他の活動

・事業継続協会(BCI)日本支部代表理事事                               

・大阪市 新型インフルエンザ等有識者会議 委員

・大阪府商工会連合会 事業継続計画策定支援研究委員会 委員長

・日本品質保証機構 事業継続マネジメント支援制度開発委員会 委員

・日本能率協会 事業継続/情報セキュリティ分野 技術専門家

なし
 
《開催日》7月24日(水) 第1部 午後(1)14時~16時 , 第2部 午後(2)18時30分~20時30分 
※第1部,第2部ともに同じ内容のものになります。
《場所》福山市ものづくり交流館(福山市西町1-1-1)

第2回BCP策定講座【東部地区】

1日で完結する集中講座(ワークショップ形式)を受講して頂くことで,参加企業各社の事業内容や組織規模,立地環境を踏まえた“使えるBCP”を策定することが出来ます。
<参加対象企業の例>
・新規でBCPを策定する企業 ・既存の防災計画を事業継続計画(BCP)に見直したい企業
・既にBCPを策定済みでブラッシュアップを図りたい企業(風水害対応,BCMへの発展など)
≪講師≫ ミネルヴァベリタス株式会社 代表取締役 松井裕一朗氏 他
≪開催日≫8月20日(火)~23日(金)各日:9時~18時(いずれかの1日にご参加)  
≪場所≫福山市生涯学習プラザ(福山市霞町1-10-1 まなびの館ローズコム)
≪講座内容≫ 
事業継続の対象事業を選定する
※本講座ではBCPに必要とされる文書や記録様式ならびに分析ツールを用いて,その場で実際にBCPの策定を行います。
対象事業における事業影響度分析を行う
対象事業におけるリスクアセスメントを行う
分析・評価結果に基づくBCP対策の検討と導入を行う
事業継続計画(BCP)として文書化する
事業継続計画(BCP)に基づく演習と見直しを行う
事業継続マネジメント(BCM)の実施

第2回BCP検証机上演習【東部地区】

当該講座で策定したBCPについて,ご希望の事業者は,BCPの有効性等を確認・効果検証
を行う机上演習を受講できます。
・当該講座で策定したBCPについて,BCPの有効性等を確認・効果検証を行うことで,BCM
(事業継続マネジメント)における活動のサイクルに必要なスキルを修得出来ます。
≪開催日≫9月上旬予定(BCP策定講座参加事業者には後日連絡します。)
≪場所≫福山市内
≪演習内容≫
災害発生時を想定した状況付与型シミュレーション演習

4 BCP普及フォーラム,BCP策定講座【申込概要】

(1)参加対象者・参加者数
対象者・・・中小事業者等
参加者数・・・50社程度
 
(2)参加条件
◎ 経営者は,参加者を含む全社的で,BCP策定の取り組むことについて環境を整えていただくこと
◎ 講座受講終了時に,受講者レベルでのBCPを完成させ,経営者に報告していただくこと
◎ 社内での取組になるように,複数名(2~3名)での参加が望ましいこと
 
(3)参加費用
無料
 
(4)参加申込先
メール・・・syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp
電  話・・・082-513-3355
F A X・・・082-223-2137
広島県商工労働局イノベーション推進チーム 中小・ベンチャー企業支援グループ
 担当/梅田,高田
 
※ BCP策定支援事業申込用紙に記載の上,メールまたはFaxにてお送りください。
参加申込書についてはこちらをクリックしてご覧ください。↓BCP策定支援事業申込用紙 (Wordファイル)(375KB)
 
~本事業の詳細ならびに各種お申し込みは下記WEBサイトでも受付しております。
【広島県BCP策定支援事業WEBサイト】URL:http://www.minerva-veritas.co.jp/hiroshima/

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする