ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第4次広島県障害者プラン

印刷用ページを表示する掲載日2019年4月16日

広島県では,本県の取り組むべき障害者施策の基本的な方向を定める第4次広島県障害者プランを,平成31(2019)年3月に策定しました。
【計画期間:平成31(2019)年度~平成35(2023)年度までの5年間】

この計画に基づき,『すべての県民が障害の有無にかかわらず,広島に生まれ,育ち,住み,働いて良かったと心から思え,相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現』を目指します。

このプランの内容は,下の【ダウンロード】から御覧ください。
全体版と概要版の2種類があります。

表紙

 

ダウンロード

 
1 プラン策定の趣旨
2 プランの性格
3 計画期間
4 基本方針
5 プランの推進体制
6 障害保健福祉圏域の設定
 
1 障害への理解と協働による共生
2 自立と社会参加の促進による共生
3 保健,医療の充実
4 地域生活の支援体制の構築
5 暮らしやすい社会づくり
 
1 基本的考え方
2 成果目標
 
1 障害者の状況等
2 用語解説
3 計画の策定体制
4 計画の策定経過
5 参考【障害者に関する主なマーク】

全体版(一括)

概要版

概要版ダウンロード (PDFファイル)(8.61MB)

 

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする