ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年度広島県失語症者向け意思疎通支援者養成研修の受講者を募集します

印刷用ページを表示する掲載日2019年5月1日

 令和元年度広島県失語症者向け意思疎通支援者養成研修を,下記のとおり開催します。
 受講を希望する方は,FAXまたはメールにより,問合せ先へ申し込んでください。
 詳しくは,応募用紙 (PDFファイル)(3.16MB)をご覧ください。

失語症とは

失語症は脳卒中などによって起こる言葉の障害です。
失語症の人たちは会話が難しいことで家庭外へ出ることをあきらめてしまったり,
緊急時や災害時の支援が受けにくいなど,社会の中で孤立しがちです。
失語症の人たちが地域で安定した生活を送るためには,
適切な知識と会話技術を持った意思疎通支援者が必要です。

失語症者向け意思疎通支援者養成研修について

失語症者の自立と社会参加を図るため,
失語症の方との1対1の会話を行える意思疎通支援者を養成する研修です。
買い物・役所での手続き等の,日常生活上の外出場面において,
意思疎通を支援できるようになるための,必要な知識と技術を学びます。

第5回は市民公開講座です。
研修を受講する方だけではなく,どなたでも受講することができます。

主催

広島県,広島市,福山市,呉市

主管

一般社団法人 広島県言語聴覚士会

日程

令和元年8月4日(日曜日)~2月15日(土曜日) 【全9回】

場所

広島市東区地域福祉センター 第5回を除く
広島市総合福祉センター 第5回(10/6)

定員

30名(第5回の市民講座は100名)

受講料

無料

応募資格

失語症者の福祉に理解と熱意を有し,失語症者の意思疎通支援に携わることができる18 歳以上の方。

応募方法

住所,氏名(ふりがな),連絡先を明記の上,
FAXまたはメールによりお申し込みください。
第5回の市民講座のみ受講を希望される方も,同様にお申し込みください。

応募期限

令和元年7月20日(土曜日)必着

問合せ・申込先

一般社団法人 広島県言語聴覚士会 事務局
FAX 082-921-3237
メール hiroshimastkai@yahoo.co.jp

応募用紙 (PDFファイル)(3.16MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする