ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

クリーニング師が,免許証の再交付を受けるとき

印刷用ページを表示する掲載日2018年8月21日
概要

クリーニング師が免許証をなくしたり,き損したりしたときは,1か月以内に免許を交付した都道府県知事に,再交付申請しなければなりません。手続方法について相談に応じています。
なお,平成30年7月豪雨による被災者の方が,被災により免許証の再交付を余儀なくされた場合は,平成31年3月31日まで手数料の免除を受けられますのでご相談ください。

資格 クリーニング師
受付窓口

県内全市町(広島市については各区)の窓口で相談に応じています。
受付機関一覧 (Wordファイル)(24KB)

受付期間 平日(土曜日,日曜日,祝日及び12月29日から翌1月3日までを除く。)
手数料 3,400円

 次のいずれかの方法により納付してください。
 なお,納付された手数料は返還できません。

1 納付書による納付(市町及び広島県庁の窓口に申請書を提出する場合) 
 広島県が発行する納付書に住所氏名を記入の上,金融機関で納付し,払込証明書を申請書の手数料欄に貼って提出してください。払込書(領収証書)は申請者の方が保管してください。
 納付できる金融機関は,広島銀行,みずほ銀行,三井住友銀行等,以下に示す金融機関です。

 広島県指定金融機関及び収納代理金融機関一覧

 ※ゆうちょ銀行及びネット銀行では納付できません。
 納付書は,市町及び広島県庁の窓口で配布しています。納付書の郵送を希望される方は,広島県健康福祉局食品生活衛生課へ連絡してください。

2 現金による納付(広島市,呉市,福山市及び広島県庁の窓口に申請書を提出する場合) 
 まず,広島市,呉市,福山市及び広島県庁の申請受付窓口で申請書の内容について確認を受け,その後,手数料納付窓口に行き,手数料を納めてください。

現金で手数料納付できる行政機関の窓口一覧 (Wordファイル)(18KB)

提出書類 クリーニング師免許証再交付申請書
添付書類等 1 き損した免許証(紛失した場合は不要)
2 金融機関の領収印が押された払込証明書
備考

免許証の再交付を受けた後,紛失した免許証を発見した場合は,5日以内に知事に提出しなければいけません。

担当課

健康福祉局食品生活衛生課
(〒730-8511広島市中区基町10番52号 電話082-513-3097)

 

 

ダウンロード

 

(広島市,呉市,福山市以外の窓口で申請する場合)
 クリーニング師免許所再交付申請書 (PDFファイル)(43KB)
 クリーニング師免許証再交付申請書 (Wordファイル)(32KB)
(広島市,呉市,福山市の窓口で申請する場合)
 クリーニング師免許証再交付申請書(広島市,呉市,福山市のみ) (PDFファイル)(64KB)
 クリーニング師免許証再交付申請書(広島市,呉市,福山市のみ) (Wordファイル)(32KB)

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする