このページの本文へ
ページの先頭です。

県内で確認された牛海綿状脳症(BSE)感染牛への対応について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 平成13年9月21日,千葉県において国内で初めてBSEに感染した牛が確認され,平成21年3月末現在で,国内で36頭のBSE感染牛が確認されています。

 広島県内では,平成15年11月4日,福山市食肉衛生検査所において,牛1頭からBSE感染牛が確認され,次のように関係機関と連携し対応しました。

■平成15年11月4日の発表資料 

●牛海綿状脳症(BSE)スクリーニング検査陽性牛について【ダウンロード1】

添付資料
 :別紙1 スクリーニング検査体制 【ダウンロード2】 
 :別紙2 牛海綿状脳症(BSE)検査結果について(県内分) 【ダウンロード3】 
 :別紙3 牛海綿状脳症(BSE)のスクリーニング検査結果について(全国版)(厚生労働省)
 :参考資料 BSEの検査法について【ダウンロード4】
 
:参考資料 広島県牛海綿状脳症防疫対策連絡会議設置要綱 【ダウンロード5】

●牛海綿状脳症(BSE)陽性牛について ダウン【ダウンロード6】

添付資料:別紙 牛海綿状脳症(BSE)検査結果について(県内分) 【ダウンロード7】

※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする