このページの本文へ
ページの先頭です。

令和3年度「児童福祉月間」について

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月30日

児童福祉月間

広島県では,全ての子供たちが,生まれ育った環境に左右されることなく,健やかに夢を育むことのできる社会づくりに向けて取り組んでいます。
このため厚生労働省等が主唱する「児童福祉週間」(5月5日から11日まで)に合わせて,5月を児童福祉月間と定め,市町や関係機関,地域社会の協力のもと,県内の様々な地域で,各種の事業や行事を展開することにより,児童福祉の理念の一層の周知と子供を取り巻く諸課題に対する社会的関心の喚起を図っています。
今年度は「 あたたかい ことばがつなぐ こころのわ 」 をスローガンにしています。
行事などの内容


 
児童福祉月間の広報 ☆懸垂幕の掲示などを行います。
・県庁舎南館西側に「懸垂幕」を掲出します。
・県庁舎本館屋上に「鯉のぼり」を掲揚します。(4月30日~5月7日)

◆児童福祉月間の主唱団体
 広島県

 社会福祉法人広島県社会福祉協議会子育て応援イクちゃん画像 公益社団法人青少年育成広島県民会議 
 広島県民生委員児童委員協議会
 公益財団法人ひろしまこども夢財団


 

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする