ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > こども・家庭 > 児童虐待防止・DV対策 > DV被害者対応マニュアル(医療関係者向け)

DV被害者対応マニュアル(医療関係者向け)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新

 広島県では,医療関係者向けのDV被害者対応マニュアル及び配偶者からの暴力被害者対応早見シートを作成しました。
 業務上,配偶者からの暴力の被害者を発見しやすい立場にある医療関係者の皆様は,被害者の早期支援へとつなげていく役割が期待されています。
 このマニュアルでは,DVについての基礎知識や,DV発見のための問診のしかたなど,具体的な対応方法について説明しています。

目次

1 ドメスティック・バイオレンスとは

 (1)暴力の形態
 (2)暴力を振るう背景
 (3)加害者の特徴とDVのサイクル
 (4)なぜ被害者は逃げないのか
 (5)子どもへの影響

2 DV被害者に対する医療機関の対応

 (1)DVの発見
 (2)DV被害が疑われる場合の問診のしかた
 (3)被害者に対する情報提供
 (4)関係機関への通報
 (5)記録(カルテ)の作成
 (6)リスク評価
 (7)プライバシーの保護
 (8)対応の流れ

3 参考資料

 (1)DV防止法の概要(チャート)
 (2)DVの通報先
 (3)児童虐待の通報先
 (4)DVの相談窓口

ダウンロード


 配偶者からの暴力被害者対応早見シート (PDFファイル)(790KB)
 DV被害者対応マニュアル(医療関係者向け) (PDFファイル)(1.29MB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ