ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「傷病者の搬送及び受入れの実施に関する基準」について

印刷用ページを表示する掲載日2018年8月29日
 「消防機関による救急業務としての傷病者の搬送」及び「医療機関による傷病者の受入れ」に当たっては,一連の活動の迅速かつ適切な実施を図るため,都道府県が定める「傷病者の搬送及び受入れの実施に関する基準」(以下「実施基準」という。)によることが消防法で定められています。
 広島県では,平成23年8月に実施基準を策定し,運用してきましたが,この度,各メディカルコントロール圏域の課題等を踏まえた見直しを行いました。
実施基準の全文は,下の添付ファイルからご覧下さい。

注意

 実施基準に掲載している医療機関リストは,救急隊が搬送の際に使用するためのものであり,県民の皆様が受診先を探すためのものではありません。 県民の皆様が医療機関を受診される場合は,「救急医療Net HIROSHIMA」(http://www.qq.pref.hiroshima.jp/外部リンク)をご利用ください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする