このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県人権啓発指導者等養成研修会「ヒューマンライツ秋セミナー2020」を開催しました。

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月25日

 わたしたち一人ひとりがいきいきと安心して生活し,職場などで能力を最大限に発揮していくために欠かせないものが,「自分を大切にし,他の人も大切にする」という人権尊重の視点です。
 今回は,「人権啓発の手法」と「子どもの人権」をテーマに,企業・行政・学校等で人権啓発研修を担当する方を対象に開催しました。

1 開催概要

≪福山会場≫
【開催日】
令和2年9月24日(木曜日)
【場所】
まなびの館ローズコム(福山市生涯学習プラザ) 大会議室
福山市霞町1丁目10番1号 4階

≪広島会場≫
【開催日】
令和2年9月25日(金曜日)
【場所】
合人社ウェンディ ひと・まちプラザ 研修室ABC
広島市中区袋町6番36号 北棟5階

【参加者】
広島会場  44名
福山会場  28名

【参加対象】
県内の企業・行政・学校等の人権啓発担当者

【参加費】
無料
【主催】
広島県
【共催】
広島市,福山市
【後援】
同和問題の解決をめざす広島企業連絡会,福山人権啓発企業連絡会

 

2 日程など

 

10時~受付
10時20分~オリエンテーション
10時30分~12時30分
「あるコピーライターの伝え方~言葉の先にある想いを伝える~」
講 師 クリエーティブディレクター・コピーライター 玉山 貴康さん

12時30分~昼食・休憩

13時30分~15時30分
「子どもの人権問題~未来を担う子どもたちを守るために~」
講 師 認定特定非営利活動法人 スチューデント・サポート・フェイス(S.S.F) 代表理事 谷口 仁史さん

3 講師

講師の玉山貴康さん

クリエーティブディレクター・コピーライター

  玉山 貴康さん

プロフィールなど

同志社大学社文学部卒業後,1991年電通入社。趣味は,卓球と将棋。
TCC賞,TCC新人賞,CCN賞最高賞,CCN賞審査員特別賞,OCC賞,FCC賞,準朝日広告賞,毎日広告デザイン賞優秀賞,読売新聞広告大賞優秀賞,日経広告賞部門賞,広告電通賞優秀賞,ギャラクシー賞,消費者のためになった広告コンクールJaa賞,アジア・パシフィック広告祭入賞,流行語大賞トップ10入りなど。子供の虐待やDV等の人権課題に対するキャッチコピーも多数手がけている。

講師の谷口仁史さん 

認定特定非営利活動法人 スチューデント・サポート・フェイス(S.S.F)

  谷口 仁史 代表理事さん

プロフィールなど

1976年 佐賀県武雄市生まれ。2015年 NHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。
不登校,引きこもり,非行,ニート等の社会生活を営む上での困難を有する子ども,若者及びその家族等への支援とともに、社会的孤立や排除を生まないための支援を推進することによって,社会問題の解決に資することを目的に「NPOスチューデント・サポート・フェイス」を2003年に設立

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする