このページの本文へ
ページの先頭です。

「広島県人権啓発推進プラン(第5次)」の策定について

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月1日

  

「広島県人権啓発推進プラン」の策定について

人権啓発に関する施策を推進するための実施計画である「広島県人権啓発推進プラン(第5次)」を令和3年3月に策定しました。
 【計画期間:令和3(2021)年度~令和7(2025)年度】<5年間>

ダウンロード(全体版)

広島県人権啓発推進プラン(第5次) [全体版] (PDFファイル)(1.14MB)

ダウンロード(分割版)

表紙~目次 (PDFファイル)(143KB)

第1章 はじめに (PDFファイル)(118KB)

1 目指す姿(5年後の人権啓発の姿)
2 基本的な考え方
 (1) 人権に関する基本的な知識の習得
 (2) 個性を尊重する意識の醸成
 (3) 実際の行動への反映
3  各人権課題に対する取組
 (1) 女性
 (2) 子供
 (3) 高齢者
 (4) 障害者
 (5) 同和問題
 (6) 外国人
 (7) 性的指向・性自認
 (8) 感染症患者等
 (9) 刑を終えて出所した人
 (10) 犯罪被害者等
 (11) インターネットによる人権侵害
 (12) 国及び他団体と協力していく分野
 ○ 北朝鮮当局による拉致問題等
 ○ アイヌの人々
1 プランの推進体制
2 効果的な啓発方法
 (1) 情報の共有と活用
 (2) 人権課題全般の周知
3 人材育成
 (1) 人権に関わりの深い特定の職業に従事する者に対する研修等
 (2) 担当者育成のための研修等
4 多様な手法や時機を捉えた啓発
5 フォローアップ及び見直し
 (1) 世界人権宣言
 (2) 日本国憲法(抄)
 (3) 人権教育及び人権啓発の推進に関する法律 
 (4) 人権教育・啓発に関する基本計画
 (5) 広島県人権教育・啓発指針
 (6) 広島県人権教育推進プラン

県民意見募集(パブリックコメント)の結果について

プラン策定に当たり実施した県民意見募集(パブリックコメント)の結果を公表します。
44人・団体から65件の意見が寄せられました。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする