このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「みんなで学ぶ!エシカル教室in広島」を開催しました!

印刷用ページを表示する掲載日2018年11月6日

地産地消やエコマーク,フェアトレードなどの認証マークについて知り,食することを通して,人や社会,環境に配慮したものやサービスを選んで消費する「エシカル消費」について学ぶイベントを,徳島県と共同で開催しました。

 

開催概要

日時: 平成30年11月3日(土)
場所: イオンモール広島祇園
主催: 広島県,徳島県
後援: 消費者庁,ESD活動支援センター,中国地方ESD活動支援センター
協力: イオンリテール株式会社,イオンモール広島祇園,イオントップバリュ株式会社

開催内容

学習1 「エシカル消費」を学ぼう

消費者庁 消費者教育・地方協力課 小熊課長補佐から,エシカル消費とは何かについて講義がありました。

講義の様子

学習2 エシカル商品・農産物を探そう

食品売り場で,エシカル消費につながる認証マークのついた商品を実際にチェックし,マークの意味について説明を受けました。

学習3 生産から食卓までを体感しよう

徳島県のPR車「でり・ばりキッチン阿波ふうど号」で調理された,エシカル消費の一つである地産地消につながる食材を使用したメニューを,徳島県6次産業化プランナー 曽谷さおり先生からの説明も交えて,試食しました。

試食メニュー:鳴門金時とキャベツのポトフ,旬の魚と冬野菜の包み焼き

 

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする