このページの本文へ
ページの先頭です。

【県内で相談が多発!!】トイレのつまりや水漏れ修理で思わぬ高額請求にご注意ください!

印刷用ページを表示する掲載日2021年3月22日

【県内で相談が多発!!】トイレのつまりや水漏れ修理で思わぬ高額請求にご注意ください!

 インターネット広告等で「格安」「すぐに駆け付ける」と掲載している業者にトイレのつまりや水漏れの修理を依頼し,思わぬ高額請求を受けたという相談が,県内の消費生活相談窓口に12月以降で数十件寄せられています。

消費生活センターへ寄せられた事例

【相談事例1】
 年末にトイレがつまったので,インターネットで「格安ですぐに駆け付ける」などと広告していた業者に修理を依頼した。しかし,自宅に来た業者から「つまり解消の工事を行うには20万円以上かかる」と言われた。
 結局,つまりは解消できていなかったことから,業者の作業内容に不信を抱き,インターネットで調べたところ,つまりを解消するために使った薬剤は,請求された金額より,ずっと安いことが分かった。納得できないので全額返金してほしい。
 
【相談事例2】
 水道管から水漏れしているので,インターネットで調べた業者に修理を依頼した。簡単な修理のはずなのに17万円もの高額な修理代を請求された。
 早く直したかったので承諾し,作業をしてもらったが,やはり修理代金が高すぎると思い,翌日,クーリング・オフを申し出たが,業者から「工事をしたのでクーリング・オフはできない。絶対払ってもらう。」と言われた。

ご注意ください!

・トイレのつまりや水漏れなどが発生した場合,パニックになって慌てて業者を呼んでしまいがちですが,複数社から見積もりを取って,作業内容や料金をよく確認してください。
・広告には基本料金しか表示されていないケースがあるので,事前に,出張費や夜間料金,見積もりにかかる料金の有無を確認することも大切です。
・現場の状況次第では,更に修理が必要な場合もあります。作業前に作業内容や料金等を確認し,納得できない場合はその場で契約しないようにしましょう。
・急を要するトラブルに備え,居住地の市町の上水道又は下水道に関する指定工事事業者の情報を集めておきましょう。(集合住宅にお住いの方は,まず管理組合や管理会社などに相談してみましょう。)
・水漏れのトラブルに備え,自宅の止水栓の位置と締め方を確認しておきましょう。
 
・困ったときは一人で悩まず,消費者ホットライン188にご相談ください。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする