このページの本文へ
ページの先頭です。

第3回ひろしまジュニア国際フォーラム 「広島宣言」を参加者代表が外務省等に手交しました

印刷用ページを表示する掲載日2018年9月12日

外務省訪問 平成30年8月27日

 第3回ひろしまジュニア国際フォーラムで発表された「広島宣言」を,ひろしまジュニア国際フォーラム大使に任命された参加者の代表2名が知事とともに外務省を訪問し,岡本外務大臣政務官に手交しました。

○ひろしまジュニア国際フォーラム大使発言概要
・平和な世界の実現のため,核兵器の正しい情報提供と核の悲惨さや核兵器廃絶の大切さを伝えたい。
・平和について様々な人々と考え,世界が一体となって核廃絶の動きが加速するよう行動していきたい。

○岡本政務官発言概要
 国内外の若者が議論を行い,被爆地の広島から,平和な世界の実現を希求するメッセージを発信したことは意義深く,「核兵器のない世界」に向け,若い世代の活動に期待している。

 外務省1 外務省2

国連広報センター訪問 平成30年8月28日

 参加者の代表が国連広報センターを訪問し,千葉・広報知識管理に「広島宣言」を手交しました。

国連広報センター1 国連広報センター2

 

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする