このページの本文へ
ページの先頭です。

地域日本語教育の総合的な体制づくりに向けた広島県アクションプラン

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月8日
【アクションプランの概要】
1 趣旨 
「日本語教育の推進に関する法律(令和元年6月28日公布・施行)」を踏まえ,
地域に在住する外国人が生活していく上で必要となる日本語能力を身に付け,社会の一員として,
孤立することなく地域に参加できる環境を整備するため,県及び市町が連携して取り組むべき方針を
策定しました。

2 対象範囲
「日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針 
オ 地域における日本語教育」※及び文化庁事業(地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業等)
で扱う範囲とします。
※日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針(抜粋)
(1) 日本語を学習する機会を提供すること
(2) 一定水準の学習内容を示すこと
(3) 日本語を教える人材の質の担保・量の確保を図ること
(4) 学習目標の明確化等を通じて外国人等の日本語学習への動機付けを図ること

3 策定主体
ひろしま多文化共生連絡協議会(地域日本語教育総合調整会議)

4 対象期間
令和3(2021)年度~令和5(2023)年度とし,国の動向などを踏まえて適宜見直しを図ります。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする