このページの本文へ
ページの先頭です。

災害応急救助物資の備蓄・調達方針(R4.3)について

印刷用ページを表示する掲載日2022年3月16日

防災・減災対策について

災害応急救助物資の備蓄・調達方針(R4.3)について

 広島県では,県地域防災計画に基づき災害応急救助物資の備蓄に努めることとしており,「広島県地震被害想定調査報告書(H25.10)」を元に,「南海トラフ巨大地震」を想定地震とした「災害応急救助物資の備蓄・調達検討報告書(H29.1)」(以下,「前回報告書」という。)を作成し,これに基づいて災害応急救助物資の備蓄・調達に取り組んでいるところです。

 この度,前回報告書による備蓄・調達の実施期間が令和4年3月31日をもって終了するため,平成30年7月豪雨災害の教訓や新型コロナウイルス感染症の対応等を踏まえた見直しを行い,「災害応急救助物資の備蓄・調達方針(R4.3)」を作成しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする