このページの本文へ
ページの先頭です。

11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です

印刷用ページを表示する掲載日2020年11月1日

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは,何の予兆や既往歴もないまま,睡眠中に乳幼児が死に至る原因不明の病気です。
12月以降の冬の時期に発症しやすい傾向があることから,厚生労働省では,毎年11月を乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策強化月間と定めています。

詳しくは,厚生労働省のホームページをご覧ください。

SIDSから赤ちゃんを守る3つのポイント

(1)1歳になるまでは,寝かせるときはあおむけに寝かせましょう

  • 医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は,赤ちゃんの顔が見えるよう,あおむけに寝かせましょう。
  • 赤ちゃんを1人にしないようにする,寝返りをしたときに備えて,顔の周りに柔らかい毛布等を置かないようにすることは,事故や窒息を未然に防ぐことにもつながります。

(2)できるだけ母乳で育てましょう

  • 研究者の調査から,母乳で育てられている赤ちゃんはSIDSの発症率が低いことが分かっています。

(3)たばこをやめましょう

  • たばこはSIDSの大きなリスクと言われています。
  • 妊娠中の喫煙は,おなかの赤ちゃんにも良くない影響を及ぼします。
  • 妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙も良くありません。身近な人の理解も大切ですので,日頃から喫煙者に協力を求めましょう。

厚生労働省リーフレット(発症率を低くするポイント) (PDFファイル)(348KB)

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする