このページの本文へ
ページの先頭です。

働く妊産婦・事業主の方へ<母性健康管理措置について>

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月1日

母性健康管理措置について

男女雇用機会均等法により,妊娠中・出産後1年以内の女性労働者が保健指導・健康診査の際に主治医や助産師から指導を受け,事業主に申し出た場合,その指導事項を守ることができるようにするために必要な措置を講じることが事業主に義務付けられています。

詳しくは,厚生労働省のホームページをご確認ください。

母性健康管理指導事項連絡カードについて

母性健康管理指導事項連絡カードの様式(令和3年3月31日付け改正)が令和3年7月1日から適用されます。

詳しくは,こちらのリーフレットをご確認ください。
母性健康管理指導事項連絡カードを改正します!(令和3年7月1日適用) (PDFファイル)(339KB)
(働く妊産婦の皆さまへ)働く女性の母性健康管理のためのQ&A (PDFファイル)(143KB)

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇制度導入助成金

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として,休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が,安心して休暇を取得して出産し,出産後も継続して活躍できる職場環境を整備するため,女性労働者のために有給の休暇制度を設けて取得させた事業主を助成しています。

詳しくは,こちらのページをご覧ください。

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする