このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

砂防出前講座について

印刷用ページを表示する掲載日2019年7月4日

砂防出前講座について

目的

 近年広島県では,集中豪雨が多発し,これによる土砂災害が様々な場所で発生し,多くの人々の尊い命やかけがいのない日常生活が奪われています。平成30年7月豪雨災害においても,広島県全域にわたり甚大な被害を受けています。
 そのような中,各防災組織などが独自に取り組む防災活動の成果も発揮されているところです。
 東部建設事務所三原支所では,児童のみなさんが自分の命を自分で守り抜く力をつけ,地域の防災リーダーとして災害時に活躍できるよう,土砂災害に関する専門知識を有する県職員を講師として,広島県で多発する土砂災害に関する防災教育「砂防出前講座」を行っています。

内容

(1)講義「土砂災害から身を守るために」(パワーポイント)
・土砂災害とは?
・広島県は○○が全国1位!?
・土砂災害から身を守る3つのステップ!

(2)実験「土石流とがけ崩れ」(模型)
・土砂災害が発生するとどういう被害があるのかを確認!
・みんなも模型実験を体験しよう!

 【土石流模型】と【がけ崩れ模型】

土石流       急傾斜地

対象者

東部建設事務所三原支所管内(三原市,尾道市,世羅町)の小学校

※講義内容はおおむね4年生以上を対象としています。

申込方法

次の連絡先にご相談ください。

東部建設事務所三原支所
事業調整・土砂法指定推進班
Tel:0848-64-4279
Fax:0848-64-7422

開催状況

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする