このページの本文へ
ページの先頭です。

令和3年経済センサスー活動調査(製造業分)結果報告〔概要版〕について

印刷用ページを表示する掲載日2022年11月15日

令和3年(2021年)経済センサス-活動調査結果(製造業分)結果報告〔概要版〕を公表しました。
総務省及び経済産業省が令和3年6月1日現在で実施した「令和3年経済センサス-活動調査」に関する結果(確報・概要版)について,広島県内の状況(従業者4人以上の製造事業所)を取りまとめたものです。

(1)調査結果のポイント
 
~製造品出荷額等,付加価値額ともに前年と比べて減少~

□ 製造品出荷額等は8兆8699億円で全国11位,付加価値額は2兆6309億円で全国13位

□ 製造品出荷額等は前年より8717億円減少したものの,中国・四国・九州地方で3年連続2位
  (全国10位の福岡県が3年連続1位)

□ 付加価値額は前年より808億円減少したものの,中国・四国・九州地方で10年連続1位

《全体の状況》(表1)

◆ 事業所数は,4812事業所〔前年比5.1%増(235事業所増)〕で5年ぶりの増加

◆ 従業者数は,20万7756人〔前年比5.0%減(10883人減)〕で2年連続の減少

◆ 製造品出荷額等は,8兆8699億円〔前年比8.9%減(8717億円減)〕で3年連続減少

◆ 付加価値額は,2兆6309億円〔前年比3.0%減(808億円減)〕で5年連続減少

注1)今回の集計結果は,個人経営を含まない。
注2)今回の調査では,「国税庁法人番号公表サイト」情報により,従来の調査より幅広に事業所を捉えている。
注3)事業所及び従業者数は令和3年6月1日現在,製造品出荷額等及び付加価値額は令和2年1年間の数値。

表1 主要項目の状況(従業者4人以上の事業所)
 

広島県

全国

実 数

前年から
の増減数

前年比
(%)

全国シェア
(%)(前年)

全国順位
(前年)

実 数

前年比
(%)

事業所数(所)

4,812

235

5.1

2.7(2.5)

14(15)

176,858

△2.8

従業者数(人)

207,756

△10,883

△5.0

2.8(2.8)

11(10)

7,465,556

△3.3

製造品出荷額等(億円)

88,699

△8,717

△8.9

2.9(3.0)

11(11)

3,020,033

△6.4

付加価値額(億円)

26,309

△808

△3.0

2.7(2.7)

13(14)

968,255

△3.4

《産業別の状況》

◆事業所数は16業種で増加,8業種で減少
 前年より増加数が最も多いのは「輸送用機械器具製造業」(97事業所増),減少数が最も多いのは「食料品製造業」(31事業所減)

◆従業者数は4業種で増加,20業種で減少
 前年より増加数が最も多いのは「生産用機械器具製造業」(474人増),減少数が最も多いのは「輸送用機械器具製造業」(3469人減)

◆製造品出荷額等は5業種で増加,19業種で減少
 前年より増加額が最も多いのは「電子部品・デバイス・電子回路製造業」(759億円増),減少額が最も多いのは「輸送用機械器具製造業」(3387億円減)

◆付加価値額は8業種で増加,16業種で減少
 前年より増加額が最も多いのは「電子部品・デバイス・電子回路製造業」(545億円増),減少額が最も多いのは「輸送用機械器具製造業」(726億円減)

《市町別の状況》

◆事業所数は17町で増加,6市町で減少
 前年より増加数が最も多いのは尾道市(57事業所増),減少数が最も多いのは安芸高田市(10事業所減)

◆従業者数は5市町で増加,18市町で減少
 前年より増加数が最も多いのは江田島市(129人増),減少数が最も多いのは広島市(3487人減)

◆製造品出荷額等は6市町で増加,17市町で減少
 前年より増加額が最も多いのは府中町(455億円増),減少額が最も多いのは広島市(2959億円減)

◆付加価値額は8市町で増加,15市町で減少
 前年より増加額が最も多いのは広島市(373億円増),減少額が最も多いのは呉市(355億円減)

(2)公表資料

詳しくは経済センサスのページをご覧ください。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする