このページの本文へ
ページの先頭です。

ペットとして豚(ミニブタ)を飼養される方へ

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月28日

ペットとして豚(ミニブタ等含む)を飼養される方へ

 平成30年9月以降,国内の飼養豚や野生いのししで豚熱(CSF)が発生しています。

 飼養豚の感染リスクを低減するために,次のことを守りましょう。

豚を飼養する前に確認しましょう

○CSFワクチンを接種している地域(指定地域)から,生きた豚を広島県内に導入(購入)することはできません。県外から直接豚を購入される場合は,取引先又は当該都道府県にCSFワクチンの接種地域であるかどうかを確認してください。

○豚を飼養する場合,飼養する地域によって化製場法に基づく飼養許可が必要な場合があります。飼養予定場所の自治体(市役所,町役場)に事前にお問い合わせください。

詳しくは以下のページを確認してください。

新たに家畜を飼育する際の留意事項(畜産課ホームページ)

問合せ先

このページの内容についてわからないことがあるときは,以下の問合せ先にお問い合わせください。

広島県農林水産局畜産課空欄空欄空欄空欄空欄空TEL 082-513-3607(ダイヤルイン)

西部畜産事務所・西部家畜保健衛生所(東広島市) TEL 082-423-2441(直通)

東部畜産事務所・東部家畜保健衛生所(福山市)空欄TEL 084-921-1866(直通)

北部畜産事務所・北部家畜保健衛生所(庄原市)空欄TEL 0824-72-2015(代表)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする