このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年7月豪雨の被災者に対する県営住宅の無償提供について

印刷用ページを表示する掲載日2020年8月4日

 令和2年7月豪雨による被災者に対して,県営住宅を避難用住居として無償提供します。

県営住宅の無償提供

1 対象者

 九州地域,長野県,岐阜県及び島根県の居住者で,当面居住が困難な者

2 提供住宅等

(1)提供する県営住宅(69戸)
 [内訳]広島市32,安芸郡海田町9,安芸郡坂町6,廿日市市3,呉市3,東広島市2,竹原市3,三原市1,尾道市5,福山市2,三次市2,庄原市1

(2)提供する期間
 当面6か月間とします。

(3)使用料
 無償とします。

(4)備品等
 浴槽,ボイラー,照明器具及びガスコンロは,県負担により設置します。
 申し込みにより,家電製品等の生活必需品を提供します。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする