このページの本文へ
ページの先頭です。

港湾・漁港施設 維持管理計画書及び広島沿岸海岸保全施設長寿命化計画書について

印刷用ページを表示する掲載日2015年8月10日
 港湾・漁港,海岸保全施設においては,高度成長期などに集中的に整備された各種施設が急激に老朽化し始めているところであり,維持・更新費用の増大など課題を踏まえ,ライフサイクルコストの縮減や施設機能を安定的に確保するため,設計・点検・計画から実施に至るまで,総合的かつ重点的に取り組む必要が生じています。
 このため,アセットマネジメントを導入し,損傷が小さいうちに計画的に行う予防的な補修などを行うことにより,各種施設の延命化・コストの縮減を図るため,「港湾・漁港施設維持管理計画書」及び「広島沿岸海岸保全施設長寿命化計画書」を策定し,施設の安全性・信頼性を確保することとしています。

a

b

c

港湾施設

漁港施設

海岸保全施設

ダウンロード

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする