このページの本文へ
ページの先頭です。

プレジャーボートの係留保管場所の届出について

印刷用ページを表示する掲載日2020年4月2日

趣旨

 広島県では,プレジャーボートの係留保管に関する新しいルールとして,令和3年4月1日から,プレジャーボートを新規取得(中古艇を含みます。)したとき,係留保管場所を県へ届け出なければならない制度がスタートします。

パンフレット1パンフレット2

経緯

1 令和元年度広島県海域利用審査会(令和元年8月27日開催)
 保管場所確保の義務化について,審査会委員(有識者)から意見聴取し,義務化を進めることに対して,反対する意見はなく,おおむね妥当なものと認められた。

2 広島県プレジャーボートの係留保管の適正化に関する条例の一部を改正する条例(令和2年3月17日可決)

届出の様式

届出書の様式は,次の様式をダウンロードして利用することができます。

関係規程

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする