このページの本文へ
ページの先頭です。

広島エフエム放送株式会社

印刷用ページを表示する掲載日2021年11月29日

ロゴ      放送風景

登録企業の概要

名称

広島エフエム放送株式会社

代表者

代表取締役社長 山口 真司

設立

1982年

所在地

広島市南区皆実町一丁目8-2

企業HP

http://hfm.jp/

社員数

17人(うち県内事業所社員数16人)

事務所数

2事業所(うち県内事業所数1事業所)

事業概要

放送法による超短波放送その他の基幹放送事業

 

取組内容(登録時点)

社員へのがん予防・検診等の啓発の取組

  • たばこ対策として,本社建物内を禁煙とします。
  • 喫煙場所は屋外1か所とし,受動喫煙とならないよう配慮します。

社員のがん検診受診率向上の取組

  • 健康診断(人間ドック)案内時に,全社員に対し,がん検診を積極的に受診するよう社内メール等で促します。

がんになった社員への就労支援の取組

  • がん患者になった社員が,がんであることを理由に退職などを申し入れた場合は,まずは働きながら治療できることを案内し,十分に面談等を行います。
  • 半日休暇,有給休暇を取りやすい雰囲気を作り,治療と仕事を両立しやすい環境を作ります。

地域の皆様へのがん検診啓発の取組

  • 事業所において,社員向けにポスターを掲示し,啓発を行います。
  • 当社HPのトップページに,「子宮がん予防啓発プロジェクト」のバナーを掲載し,HP閲覧者に予防啓発を促します。

がん患者団体・がん患者支援団体への支援の取組

  • がん患者団体・がん患者支援団体から一般県民向けアンケートなどへの協力依頼があれば積極的に協力します。

 

目標(登録時点)

  • 「がん検診へ行こうよ」推進会議に加入し啓発活動に参画等するとともに,県内全事業所で啓発ポスター掲示・チラシ配布を行います。
  • 社員のがん検診受診率を対前年度増又は70%を超えている場合は70%超を維持します。
    • H29年度(基準値) 胃がん:100% 肺がん:100% 大腸がん:100% 乳がん:-
    • H30年度(目標値) 胃がん:100% 肺がん:100% 大腸がん:100% 乳がん:-
  • 広島県がん検診推進員を,「1年以内に2人以上」養成します。
  • 県内のがん患者団体・がん患者支援団体による一般県民を対象としたがんに関するイベントを年2回以上支援します。

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする