このページの本文へ
ページの先頭です。

オンライン出前講座(講演&体験談)を開講しました!(株式会社マエダハウジング)

印刷用ページを表示する掲載日2021年10月28日

 出前講座とは,「Teamがん対策ひろしま」登録企業に,県から講師を無料で派遣し,社員の方に1時間程度の講座を受講いただき,がんの予防や検診に関する正しい知識を身に付けてもらう取組です。

 この度,第8期(令和3年度)登録企業のマエダハウジング様がオンラインで出前講座を実施されましたので,その様子をご報告します。

 特に今回は,令和3年度から新たな試みとして開始した,がん経験者の方による体験談を取り入れた出前講座です。

受講企業

株式会社マエダハウジング 代表取締役 前田 政登己代表取締役 前田 政登己)株式会社マエダハウジング 店舗

日時

令和3年10月14日(木曜日) 10時00分~11時00分

テーマ及び講師

テーマ1:がんのリスクを減らす「5つの健康習慣」

【講師】公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 健康推進課 松田 景子 保健師

テーマ2:がん経験者の方による体験談

【講師】平野 清子 さん

受講の様子

 Zoomミーティングを使用して,オンラインで5名の社員の方にご参加いただきました。

 講座の前半は,松田保健師から科学的根拠に基づく「がんの予防」についてのお話です。がんになるリスクを低下させることができるとされる5つの健康習慣(禁煙,節酒,食生活,身体活動,適正体重の維持)について,具体的な例を示しながら1つずつ詳しく解説していただきました。

BMIの計算
▲ご自身のBMI(体格指数)をご存じですか?「適正体重の維持」もがん予防の一つです。

 講座の後半は,平野さんからご自身の経験を踏まえながら,がんと診断された時のお気持ちや,その後の家族とのかかわり,定期的ながん検診の必要性や,治療と仕事の両立についてお話いただきました。


平野さんからのメッセージ
▲実際に治療と仕事を両立された際のお話はとても参考になりました。

参加いただいた皆様の声(一部抜粋)

  • 経験者のお話を伺うことで,「もし自分ががんになったらどうするだろうか?」と考えるきっかけになります。
  • 実体験を語っていただき,家族とのかかわりについて考えさせられました。
  • 身内にがん患者がいるのですが,いざ自分となると大変なことだなと改めて感じました。

がんに関する正しい情報と体験談をセットで

 がんに関する正しい情報を身に付けて行動することは,がんから命を守るためにとても大切なことです。一方で,まだ若い方や,がんになった方が身近におられない方などは,がんを自分のこととしてなかなか考えられず,正しい知識を持っていても必要な行動に移せないこともあると思います。

 そのような時に,経験者の方による体験談は,がん検診の受診など必要な行動に移すきっかけの一つになるかもしれません。また,がんになった時の患者さんの心情や必要な支援を理解しておくことは,皆様の会社でがんになった社員の方を支えるヒントになるかもしれません。

二人に一人ががんになる時代
▲がんは決して他人事ではありません。

終わりに

 Teamがん対策ひろしま出前講座では,予防や検診,両立支援など幅広いテーマの中から,企業のニーズにあわせて受講していただく事が可能です。希望があればがんの経験者の方による体験談を講座の内容に追加することもできます。(※その他にも希望するテーマがあればご相談ください。また体験談については,講師のスケジュール等により対応できない場合もありますので,あらかじめご了承ください。)

  • 大人のためのがん教育
  • がん検診を受ける前に知っておきたいこと
  • がんと診断されたら・・・働く女性が備えておくべきこと
  • がんのリスクを減らす「5つの健康習慣」
  • 今こそ禁煙!あなたのチャレンジ応援します!
  • 治療と仕事の両立を目指して~私たちが今できる事~

 実施できる企業数の枠が少なくなってきています。お申し込みはお早めにお願いします。(集合開催の際は,徹底した感染防止対策を講じていただくようお願いします。)受講を希望する登録企業の方は,広島県健康づくり推進課(082-513-3093)までお問い合わせください。

デーモン閣下

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする