このページの本文へ
ページの先頭です。

出前講座を開講しました!(株式会社サタケ)

印刷用ページを表示する掲載日2020年10月19日

 「出前講座」とは,「Teamがん対策ひろしま」登録企業に,県から講師を無料で派遣し,社員の方に1時間程度の講座を受講いただき,がんの予防や検診に関する正しい知識を身に付けてもらう取組です。

 令和2年度は,8つの講座メニューの中から,各登録企業のニーズに合わせて受講メニューを選んでいただくことができ,がんに関する基礎知識(初級)や,受診が推奨されている5つのがん検診の解説(中級),女性を主な対象とした子宮頸がん・乳がんに特化した研修(上級)などのテーマで受講可能です。

 今回は,第5期(平成30年度)登録企業の株式会社サタケ様で開催した出前講座についてご紹介します。

 

受講企業

株式会社サタケのロゴマーク 株式会社サタケの本社

 

 

日時

令和2年10月13日(火曜日) 11時~12時

 

テーマ

子宮頸がん・乳がん 「私は大丈夫!」と思っていませんか?

※女性社員限定で実施しました。

 

講師

公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 健康推進課 山本 嶺花 保健師

 

受講の様子

 今回の講座は,「子宮頸がん・乳がん」をテーマに,女性社員の方限定で開催され,当日は26名の女性社員の方に参加いただきました。
 最初に,がんや検診についての基礎知識を学び,続いて子宮頸がんと乳がんについて,検診の流れ,注意事項,よくある質問などについて講義いただきました。
 講義の中では,乳がんのセルフチェックについて,実際に「乳がん触診モデル」を使用して,「しこり」に触れる体験も実施されました。
 また,「がんと診断された時の向き合い方」「仕事を継続するためにはどうしたいいのか?」など,「がん治療と仕事の両立」についても受講しました。

 

触診モデル体験の様子① 触診モデル体験の様子②
▲乳がんの触診モデルを使用して,実際にしこりを探し,セルフチェックの方法についても確認しました。

 

※3密(密閉・密集・密接)の回避や参加者のマスク着用など,新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて実施しました。

 

参加いただいた皆様の声

  • 検診は苦手であまり受けたくないと思っていましたが,やはり大切なことだと実感しました。
  • 家族にがんになってほしくないので,資料を見せて少しでも知識を持ってもらいたいと思います。とても参考になりました。
  • 今後も定期的にがん検診を受けたいと思います。
  • 対象年齢になったら積極的に検診を受けたいと思います。
  • 外部の講習等には時期的にも参加しづらいので,社内で開いていただけて大変ありがたかったです。

乳がん触診モデルを使用して

  • しこりのモデルを初めて触った。今後も自分でチェックしていきたい。
  • とても分かりやすくしこりがどのような物なのか体験できたのが良かった。
  • 実際に触ってみることができて分かりやすく良かった。

 

最後に

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために,令和2年10月現在,出前講座の実施には一定の要件を設けさせていただいています。(3密の回避,マスクの着用,参加者の把握など)

 Web会議システムを使ったオンラインでの出前講座なども実施しています。少人数での受講も可能です。

 実施可能枠にまだ余裕がありますので,受講を希望する登録企業の方は,広島県がん対策課(082-513-3093)までお問い合わせください。ご連絡お待ちしております!

デーモン閣下

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする