このページの本文へ
ページの先頭です。

株式会社 ツーセル

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月29日

病院型再生医療事業,セントラル型再生医療事業,知的財産事業,自動培養装置事業

 

 

事業所所在地

〒732-0816 広島県広島市南区比治山本町16-35 広島産業文化センター11F

電話番号

電話:(082)250-3138  ファクス:(082)250-3148

本社所在地

〒732-0816 広島県広島市南区比治山本町16-35 広島産業文化センター11F

ホームページ  URL

http://www.twocells.com

 

 

製品・技術

間葉系幹細胞用無血清培地“STK®”シリーズ(オンリーワン)

弊社の主力事業である病院型再生医療事業の成果として,間葉系幹細胞用無血清培地“STK®”シリーズを研究用として販売しています。

STK®シリーズ

間葉系幹細胞用
無血清培地“STK®”シリーズ

製品・技術の特徴

再生医療に必要な移植細胞を増やすためには,通常患者さんご自身の血清が必要ですが,大量の採血が必要であったり,増殖性に個人差が出たりなどの問題が生じます。
そこで,弊社は自己血清を用いずに間葉系幹細胞(MSC)を培養できる培養液(培地)“STK®”シリーズを開発いたしました。
このSTK®シリーズを用いた無血清培養により,高品質なMSC(gMSC®)を作製する技術が弊社のコア技術です。
商品の取り扱いについては,弊社のホームページをご覧ください。

開発のきっかけ

弊社のメイン事業である「再生医療」では,細胞培養が必須技術です。
再生医療の実用化のため,より安全性の高い,含有成分の明らかな無血清培地を開発いたしました。

開発・製品化における
苦労と努力

本技術は,基礎培地とサプリメントにより構成されており数百種類の中から数十種類を選定する事が非常に困難でした。

製品・技術の主な取引先

製薬企業,研究機関,クリニック等

特記事項

2016年4月 中外製薬株式会社と,ツーセルが創製した膝軟骨再生細胞治療製品gMSC®1に関するライセンス契約を締結
2017年5月 大塚製薬株式会社とツーセルが第三者割当による募集株式引受に合意
2017年11月 膝軟骨再生細胞治療製品(開発番号「gMSC®1」)の第3相比較臨床試験第1例目の手術を実施
2018年6月 Meiji Seika ファルマとツーセルによる変形性関節症治療用細胞医薬品に関する共同研究契約を締結

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする