このページの本文へ
ページの先頭です。

三井・デュポン ポリケミカル 株式会社 大竹工場

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

エチレン系ポリマー製造

 

 

事業所所在地

〒739-0601 広島県大竹市東栄2-1-21

電話番号

電話:(0827)53-9250  ファクス:(0827)53-8883

本社所在地

〒105-7122 東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター17階

ホームページ  URL

http://www.mdp.jp

 

 

製品・技術

アイオノマー樹脂「ハイミラン」(唯一の国内生産品)

強靭で適度な弾力性・柔軟性!
優れた耐油性・耐薬品性!
唯一の国内生産品!!

製品の写真

“ハイミラン”

製品・技術の特徴

・米国デュポン社の技術に基づき製造
・非常に強靭で適度な弾力性と柔軟性,優れた耐油性・耐薬品性を持つ
・透明性が良好で商品イメージを高める
・カルボン酸基を持ち金属等への安定した接着性
・ポリエチレンと同様の熱可塑成型ができる

開発のきっかけ

1964年にアイオノマー樹脂「サーリン」の輸入・販売を行っていたが,国内市場の拡大に伴い1978年からデュポン社と同じ方法でアイオノマー樹脂を一部国産化するとともに商標を「ハイミラン」に変更した。
また,1985年に全面国産化した。

開発・製品化における
苦労と努力

ハイミランは原料のエチレンを圧縮して重合する製造工程のため反応制御が大変難しいが,更なる反応制御の運転技術向上に努力している。
また,市場のニーズにも長年培ったノウハウと最新技術を取り入れ顧客のニーズに応えるよう努力している。

製品・技術の主な取引先

大手商社

特記事項

製造プロセスはもちろんのこと研究開発・販売・物流・など幅広い分野で環境保全と安全性の確保,品質の向上に取組んでいる。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする