このページの本文へ
ページの先頭です。

株式会社 ミカサ

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

競技用ボール,船舶用ゴム部品製造など

 

 

事業所所在地

〒731-3362 広島県広島市安佐北区安佐町久地1番地

電話番号

電話:(082)810-3910  ファクス:(082)810-3915

本社所在地

〒731-3362 広島県広島市安佐北区安佐町久地1番地

ホームページ  URL

http://www.mikasasports.co.jp

 

 

製品・技術

国際バレーボール連盟(FIVB)主催の国際大会公式試合球「MVA200」(オンリーワン)

バレーボール(MVA200)の写真

バレーボール(MVA200)

製品・技術の特徴

1.伝統的な18枚パネルから,鮮やかな黄色とロイヤルブルーの組合せの斬新な8枚パネルタイプに変更。試合中でもボールの動きがよく見え,観客もスピーディーなボールの動きを楽しめます。
2.スポンジ状の風合いをもつマクロファイバー不織布層の上に,クッション性の高いポリウレタン表皮を重ねた「2重クッション構造」をもつ新人工皮革を採用。衝撃吸収力を向上させました。
3.ボール表面に凹加工(ディンプル)と微細シボを施し,ボールを打ち込んだ際に生じやすいブレを少なくしました。

開発のきっかけ

バレーボールの魅力をもっと多くの人に知ってほしい,そしてバレーボールを楽しむ人が増えてほしい,と思ったことがきっかけです。選手がそれぞれの技を発揮しやすいボールを提供することで,よりエキサイティングで感動する試合となるのではと考え,コントロール性やグリップ性の向上に注力しました。

開発・製品化における
苦労と努力

曲線を多用したデザインとボール自体の機能のバランスをとることです。 球面上に曲線をおくとボールが優しく見えますが,曲線の少し角度を変えただけでも違って見えます。 また,ソフトな感触を求めつつもボールとしての耐久性も備えてなければいけません。 そのため,デザインの変更や,材料の研究・選定により多くの試作や試験を繰り返しました。

製品・技術の主な取引先

全国のスポーツ用品店他

特記事項

工業用品部門では,船舶およびポンプに使用される水中軸受,製鉄用・製紙用ゴムロール等を製造しています。弊社の水中軸受は油ではなく水を潤滑剤に使用しているので,油漏れの心配がなく海洋汚染対策としても注目されています。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする