このページの本文へ
ページの先頭です。

株式会社 佐藤型鋼製作所

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月26日

金属建材製造

 

 

事業所所在地

〒733-0802 広島県広島市西区三滝本町2-24-24

電話番号

電話:(082)237-1962  ファクス:(082)237-4703

本社所在地

〒733-0802 広島県広島市西区三滝本町2-24-24

ホームページ  URL

http://www.satock.co.jp

 

 

製品・技術

強力型角型間仕切下地材(建築用鋼製下地材)(オンリーワン)

低コスト!高精度!
独自開発商品!
オンリーワン!!

SLGB-100NF

SLGB-100NF
(□45×100×1.2)前景

製品・技術の特徴

・コーナーでかしめてあるため,ねじれにくく,角がきっちりと出ている。
・かしめがはずれない
・振れ止め穴に振れ止めがきっちりとはまる構造なので,強固な間仕切下地ができる。
・C形のスタッドに比べ,断面性能が大きいの,5mを超える間仕切壁に対し,鉄骨補強なしで,一本で施工が可能である。

開発のきっかけ

開発のきっかけ:従来品はC型鋼をアングルピースでボルト固定するため精度が悪く,手間もかかっていたが,先代の社長がコーナーでかしめた角型断面で振れ止めを通す構造を考案し,1995年に独自で開発,製品化した下地材である。
間仕切・天井・外壁・屋根・床 様々な用途に使用できる。住宅から工場・物流倉庫・公共施設・高層ビル・マンション・商業施設・病院等あらゆる建物に対応可能である。

開発・製品化における
苦労と努力

技術的に難しいコーナー形カシメは,機械設備納入後,うまく成形できず機械の改良などに1年半ほどかかるなど製品として世に送り出すまでに3~4年の準備期間を必要とした。
しかし,このコーナー形の開発により穴あけ加工ができ,耐震性に優れネジレに対しても強い等,強度に優れた製品ができた。

製品・技術の主な取引先

建材専門問屋・商社,専門工事業者

特記事項

天井ふところ3mまでで,優れた水平許容耐力を実現した角形天井(耐震スマート天井ライト)を開発・商品化した。同天井は,歩行可能である。
今後も「耐震」をキーワードにしたより強く安全な商品を提供していく。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする