このページの本文へ
ページの先頭です。

株式会社 ケミカル山本

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月22日

金属表面仕上げ剤開発・販売

 

 

事業所所在地

〒738-0039広島県廿日市市宮内工業団地1-10

電話番号

電話:(0829)30-0820  ファクス:(0829)20-2253

本社所在地

〒731-5121 広島県広島市佐伯区五日市町美鈴園17-5

ホームページ  URL

http://www.chemical-y.co.jp

 

 

主要製品・技術

ステンレスの溶接焼け取り&表面改質用中性塩電解装置
「スーパーシャイナー」シリーズ(電源器)及び電解液(ともにオンリーワン)

社長の研究歴

弊社社長は金属の表面処理に関する“苦難作業から楽しい作業へ”が前職,現職を通じて約70年に及ぶ研究者としてのスローガンであり,通算157件の特許数と50件の受賞歴に輝いてきました。
当社の概要

当社は,ステンレスを主体に鉄,銅,アルミ,チタンや銀などの実用金属表面の焼け,さび,油,汚れ取りや表面改質を目指し,従来の3K作業を排除し,“楽しい作業”に転換する全く新しいプロセスや資材の研究開発型企業です。

11
200V&100V兼用ハイパワー電源器 
“スーパーシャイナーA2”

22 
応力腐食割れ防止に効果発揮!
電解液 “ピカ素#SUS S・C・C” 

主要製品・技術の特徴

・ハイパワーで6価クロムの溶出を抑えた電源器と毒劇物を使用しない電解液の組み合わせにより,ステンレスの溶接焼けや錆を安全に除去するとともに,ステンレスの致命的欠点と恐れられている耐塩素孔食性を強化する“ウルトラ不動態化皮膜”を生成,増強し,耐孔食性や耐応力腐食割れ防止効果をアップする。
・“ウルトラ不動態化皮膜”は,海水や塩化物に対する耐食性を飛躍的に向上させる特許技術で,「特許庁長官賞」にも輝く。
・これら製品を活用し,プラント配管等の健康診断及び延命化処理を可能にし,該プロセスの特許権も成立した。(平成27年5月22日)

主要製品開発のきっかけ

前職の三菱重工業勤務時代からステンレス鋼の溶接焼けや汚れ落とし作業時に発生する有毒ガスに悩む実態を熟知してきたこと,薄板ステンレス溶接加工の伸びに着目し,定年退職後の会社設立時のメインテーマとして研究をスタートさせた。

開発・製品化における
苦労と努力

金属に関する研究者だったことから製品開発力には自信があったが,会社経営面で財務,人材,販売を機能させることに大変苦労した。

製品・技術の主な取引先

全国有名溶材商,全国有名機械工具商

特記事項

ステンレス溶接業界の発展に貢献の功により「旭日双光章」受章(平成25年)
「園遊会ご招待」拝受(平成26年)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする