このページの本文へ
ページの先頭です。

株式会社 今西製作所

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月22日

一般機械器具製造

 

 

事業所所在地

〒732-0044 広島県広島市東区矢賀新町5-7-17

電話番号

電話:(082)286-0661  ファクス:(082)286-3989

本社所在地

〒732-0044 広島県広島市東区矢賀新町5-7-17

ホームページ  URL

http://www.imanishi.co.jp

 

 

製品・技術

光造形式3Dプリンターを用いた精密鋳造品の製作

匠の技とデジタル技術との融合!
3Dプリンターと迅速セラミック法を融合させた独自の精密鋳造法を開発

光造形式3Dプリンターの写真 

光造形式3Dプリンター
ATOM-4000

光造形モデル 精密鋳造品
  光造形モデル               精密鋳造品

製品・技術の特徴

・3DCADで作成した立体スライスデータを基にレーザー照射により樹脂を0.1mmずつ積層し,立体模型を製作する。
・デザイン評価モデルやマスターモデルなどの各種モデル製作に適用する。また,この3Dプリンターで製作した模型を消失モデルとして使用する事で短納期で精密鋳造品を製作することができる。

開発のきっかけ

自動車関連業界ではグローバル化が進んでおり,生き残るためには高精度・短納期・低コストなど高度化するユーザーニーズを満足させることが不可欠である。そこで,これまで積み上げてきた鋳造技術とデジタル化の融合が突破口になると考え,3Dプリンターを活用して短期間で精密鋳造品を製作する工法に着手した。
1996年に紙積層式3Dプリンター(LOM)を導入して以来,20数年の活用実績があり,2014年には光造形式3Dプリンターを導入。3Dプリンターを使用した精密鋳造品製作においては,日本有数の技術を誇っている。

開発・製品化における
苦労と努力

・立体模型を安定して製作するための造形ノウハウの確立と消失時に起こる鋳型の破損・変形をどう抑えるか,また残渣を排出する技術に苦労した。
・当社で培った長年の精密鋳造技術(迅速セラミック法)と3Dプリンターで製作した立体模型を組み合わせることにより独自の精密鋳造法を確立し,高速生産を可能にしている。

製品・技術の主な取引先

自動車メーカー,大手機械メーカー,水力発電関係

特記事項

各種金型,治具・装置や試作品を極めて短期間で設計製作し,「匠の技」と「デジタル技術」を駆使して設計から製作,トライアルまで社内で一貫して対応できる体制を構築している。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする