このページの本文へ
ページの先頭です。

令和3年12月に寄せられたご意見

印刷用ページを表示する掲載日2022年3月25日

 令和3年12月にお寄せいただいたご意見の概要は、次のとおりです。
 多くのご意見をいただき、誠にありがとうございました。

● 受付件数(令和3年12月)

398件(ブランド・コミュニケーション戦略チームで受け付けたもの)

● 内訳

区分 メール 電話 郵 便 来 庁 その他 合 計
4月 233件 58件 2件  1件 1件 295件
5月 796件 87件 1件 1件 6件 891件
6月 354件 74件 3件 3件 2件 436件
7月 329件 61件 1件 3件 0件 394件
8月 612件 94件 2件 3件 0件 711件
9月 360件 53件 0件 1件 0件 414件
10月 164件 33件 1件 2件 0件 200件
11月 207件 54件 1件 2件 0件 264件
12月 327件 69件 0件 2件 0件 398件
3,382件 583件 11件 18件 9件 4,003件

● ご意見のご紹介

皆様から寄せられたご意見の一部を紹介します。

 
分 野 項 目 受付日 担当局課
しごと・産業・観光 1 「働く女性応援よくばりハンドブック」について 12月1日

商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課

1 「働く女性応援よくばりハンドブック」について

「ワーキングママの心構え 同僚・周囲への配慮を忘れずに」の内容について違和感を覚える点が多数ありました。
特に、そこで例として挙げられている夫の意見は、反面教師にしてほしいのかと思うほど的を得ていないものです。
夫は子どもの親でもあるのですから、子育てをすることは当然のことです。
子育てに参加することは、不満を言うようなことではなく、親の義務だと思います。
そのため、例として挙げるべき内容ではないと思います。
また、夫以外の例もワーキングママへの配慮がない意見ばかりで、むしろワーキングママの周囲へのハンドブックが必要だと思うような内容でした。
このようなハンドブックを行政が配ることは、ワーキングママへの配慮が欠けていると感じます。
「同僚・周囲への配慮を忘れずに」の内容の改訂を願います。

(回 答)
県政提言メールにご意見をいただき、ありがとうございます。
広島県が作成した「働く女性応援よくばりハンドブック」について、様々なご意見・ご提言をいただいたことは、真摯に受け止めております。
この度の件を契機に、社会情勢の変化やライフスタイルの多様化などを踏まえ、皆様に共感していただけるよう、内容の見直しを図ってまいります。
≪広島県商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課≫

【追記】なお、改訂版については、令和4年7月を目途に公表する予定です。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする