このページの本文へ
ページの先頭です。

湯崎知事 県庁献血に参加

印刷用ページを表示する掲載日2012年1月16日

献血へ御協力をお願いします

 1月12日(木)・13日(金)県庁で行われた職員献血に湯崎知事も参加し(13日),献血への協力を呼びかけました。
 例年冬場は,風邪の流行などで献血者が減少しがちですが,現在,広島県内では,東北地方への継続的な支援や隣県への支援等が重なり,1月の県内輸血用血液の在庫不足が心配されています。
 この在庫不足は,がん治療などの定期的に輸血が必要な方の治療に支障をきたすことが懸念されるため,県及び日本赤十字社では,更なる献血への協力を呼びかけています。
 1人でも多くの皆様の積極的な参加をお待ちしております。
湯崎知事が献血に協力

献血の御案内

 献血の方法は,広島県内では,常設の献血ルーム(「もみじ」と「ばら」)と県内を巡回する移動献血バスを利用する方法があります。
 詳細は,広島県赤十字血液センターホームページを御覧ください。
 https://www.bs.jrc.or.jp/csk/hiroshima/

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする