このページの本文へ
ページの先頭です。

インフラマネジメント基盤「DoboX」を運用開始します

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月28日

DoboXポータルサイトの入り口はこちら(アイコンをクリックしてください)

ドボックス


公共土木施設等に関するあらゆる情報を一元化・オープンデータ化し,外部システムとのデータ連携を可能とするインフラマネジメント基盤「DoboX」を運用開始します。

DoboXでは,浸水想定区域や土砂災害警戒区域等の災害リスク情報や,公共土木施設等の情報を,3Dマップや地図上で確認することができます。

また,これまで行政内部で利用していた情報をオープンデータ化することで,県民や,民間企業,研究機関など誰でも利用することが可能となります。

この一つに3次元点群データがあり,県土全体を再現したバーチャル空間の構築や,災害シミュレーション,災害時の被災状況の早期把握などに活用できます。

今後,国が保有する3次元点群データや,道路規制情報,河川水位情報とも連携し,オープンデータの活用を進めるとともに,データを組み合わせた新たなサービスを提供していきます。

地図イメージ

実際の利活用の例(イメージ)

《例1》地域の自主防災組織が取り組む災害図上訓練での活用

DoboXの災害リスク情報の重ね合わせ機能や,地域の危険箇所等の登録機能を利用して オリジナルマップを作成できるツールにより,オンライン上で災害図上訓練がこれまで以上に 効率的・効果的に実施することができます。

ひろしま2Dマップ

《例2》3次元点群データの活用

DoboXから取得する3次元点群データを利用して作成した3次元地形図と民間事業者等で作成した3次元データを組み合わせることで,バーチャル観光空間の構築や,大規模開発 事業の事業説明,災害時の被災状況の早期把握などで活用できます。


3次元点群データの活用

DoboXポータルサイトについて

公開サイトURL:https://hiroshima-dobox.jp

お問い合わせ先

広島県土木建築局建設DX担当
〒730-8511 広島市中区基町10番52号(北館6階)
電話:082-513-3862(ダイヤルイン)
Fax:082-223-3593
電子メール:kensetsudx@pref.hiroshima.lg.jp

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする