ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

意見書(新型コロナウイルスワクチン接種に関する意見書)令和4年6月定例会

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月21日

発議第5号
意見書
新型コロナウイルスワクチン接種に関する意見書

 新型コロナウイルスの感染状況は、今年3月、全ての都道府県で「まん延防止等重点措置」が解除されたものの、新規感染者数はいまだ高い水準が続いている一方で、3回目のワクチン接種については、若年層を中心に接種率が低迷している。
 これは、オミクロン株はデルタ株に比べて重症化率が低いことや副反応に対する不安などが要因と考えられるが、感染後の後遺症のおそれも指摘されており、若年層のワクチン接種に対する正しい理解の増進が必要である。
 よって、国におかれては、若年層のワクチン接種について、3回目接種の必要性や有効性、安全性に加えて、オミクロン株による後遺症の影響など、強力かつ継続的な情報発信を行うよう強く要望する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

令和4年6月21日

この記事をシェアする

  • 議長あいさつ
  • 議会カレンダー
  • みんなの県議会
  • 県議会からのお知らせ
  • インターネット中継
  • 議事録と閲覧と検索
  • 県議会の情報公開