ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ひろしま県議会だより(第64号)

印刷用ページを表示する掲載日2021年8月1日

【一部議員名の漢字表示についての注意事項】
このホームページでは、パソコンの文字表示制限によりJIS漢字を使用しています。JIS漢字に置き換えて記載している議員は、※印の付いている議員です。(印をクリックするとご覧になれます。)

ひろしま県議会だより第64号(1面)

6月定例会

◆総額545億2千万円の補正予算を可決

◆本会議の質問・答弁(2面

◆常任委員会の動き、新常任委員会の構成(3面

◆特別委員会の設置、5・6月臨時会など(4面

巻頭写真は令和2年度広島県高等学校写真展に出展された、山陽高等学校 藤永琉偉さんの作品「しぶき」

6月定例会の概要

補正予算など26議案を可決並びに同意

広島県議会は、6月定例会を6月25日から7月6日まで12日間の会期で開きました。
今回の定例会では、「令和3年度広島県一般会計補正予算」や「過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法に規定する産業振興促進区域における県税の課税免除に関する条例」、「地方鉄道の維持・確保を求める意見書」などの議案が提出されました。
本会議では、補正予算案のほか、県政が直面する諸課題について、6人の議員が一般質問を行い、各常任委員会では、付託された議案などについて審査・調査を行いました。
審議の結果、26議案について原案のとおり可決並びに同意しました。
最終日には、常任委員会及び議会運営委員会委員の選任を行ったほか、7つの特別委員会を設置しました。 

6月定例会日程(令和3年6月25日~7月6日)

 
6月25日
本会議
開会、提案理由説明など
6月28日
全員委員会          
提案事項の説明など
6月30日~7月1日
本会議
一般質問など
7月2日 各常任委員会
付託議案の審査など
7月6日
本会議
委員長報告、議案の採決など、閉会

議決の状況等

令和3年度補正予算
可決
一般会計 2件
特別会計 1件
企業会計 1件
 
条例案
可決
過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法に規定する産業振興促進区域における県税の課税免除に関する条例など 15件
否決
広島県議会議員の議員報酬の特例に関する条例案

人事案件
同意
広島県監査委員の選任の同意についてなど 3件
 
その他の議案
可決
広島県新動物愛護センター施設整備事業における特定事業に係る契約の締結についてなど 2件

意見書案
可決
地方鉄道の維持・確保を求める意見書など 2件
 
各議案に対する議員の表決態度(賛否)は、ホームページで公表しています。
広島県議会 検索→本会議情報→議案等審議結果

議決された主な議案

令和3年度補正予算

新型コロナウイルス感染症の拡大による様々な課題に迅速かつ適切に対処するため、国の交付金等を活用し、引き続き、感染症対策を実施することとしました。
また、当初予算編成後の状況変化等を踏まえ、必要性が認められる事業に適切に対応することを基本として、それぞれの欲張りなライフスタイルの実現に向けた取組や創造的復興による新たな広島県づくりなどに時機を逃さず対応するために、総額545億2,000万円の補正予算を可決しました。

新型コロナウイルス感染症対策の強化 532億5,900万円[基金積立を除く実質事業費]
それぞれの欲張りなライフスタイルの実現 4,900万円
創造的復興による新たな広島県づくり 3億5,000万円

など

可決された意見書

(7月6日議決)
●地方鉄道の維持・確保を求める意見書
●地方財政の充実・強化を求める意見書

 

ひろしま県議会だより第64号(2面)

県政に関する質問から(本会議の質問・答弁)

紙面の都合上、1人1問ずつ掲載しています。その他の質問も、県議会ホームページの「インターネット中継」でご覧いただけます。

6月30 一般質問(要旨)

自民議連 : 吉井 清介 議員〈尾道市〉
新型コロナウイルスワクチン接種
県民のかけがえのない生命を守るためにも、ワクチン接種率を向上させ、集団免疫の獲得を優先すべきであるが、ワクチン接種のさらなる加速に向け、今後どう取り組んでいくのか。

担当職員の増員など組織体制を強化するとともに、高齢者接種や職域接種に対する必要な支援を行ってきた。
今後、国からのワクチン供給の見通しが明らかとなり次第、高齢者に引き続き、64歳以下の方についても、11万人を対象とした県主体の大規模接種会場を県内4か所に設置し、市町のワクチン接種体制を支援していく。

 
その他の質問項目

■病院の統廃合が与える地域への影響
■新型コロナウイルス感染症の拡大防止と経済の両立
■旧広島陸軍被服支廠の安全対策等
■平成30年7月豪雨災害からの復旧状況
■第一次産業の振興と後継者問題
■新型コロナウイルス感染症の第4波対策に係る諸課題
など

 
民主県政会 : 高田 稔 議員〈安芸郡〉
研究開発段階のカーボンニュートラル(CN)技術への積極的な支援

2050年のCN実現に向け、研究開発段階の技術に積極投資し、大崎上島町でのCO2回収等の研究を支援してはどうか。また、産学官で連携し、地域特性を生かしつつ戦略を考えるべきではないか。
ものづくり産業が集積する本県の強み等を生かし、本県がカーボンリサイクルの先進地域となり、世界のCN達成にも貢献したい。また、産学官の推進協議会を設け、将来目標等の推進構想を今年度作成するとともに、再生可能エネルギーの研究会を立ち上げ取組内容の検討を積極的に進める。大崎上島町での研究への支援も検討していく。
 
その他の質問項目

■中小企業の事業継続と雇用面への支援
■デジタル関連企業の活躍と定着
■広島港国際コンテナターミナルの物流機能の強化
■アフターコロナに向けた観光施策
■平成30年7月豪雨災害からの復旧・復興
など

 
広志会 : 平本 徹 議員〈安芸郡〉
感染症拡大防止協力支援金の単価設定

国の財源措置もある中、国の基準単価と同額とした他県より1日5,000円、総額20万円少ない支援は不十分だが、なぜ減額したのか。
また、緊急事態措置解除後の第3期に国の基準単価に戻した理由は何か。

第1期は、流川・薬研堀地区の飲食店等のPCR受検を促すため、その有無により単価差を設けた。
第2期では、当該地区内のほとんどが休業し感染拡大抑制が図られたことから、受検した場合の加算措置を取りやめた。
第3期は、緊急事態措置の解除に伴い国の基準単価が大幅に下がることから、国の単価に合わせた。
 
その他の質問項目

■ワクチン接種が低調である理由とPCR検査との因果関係
■優先的にワクチン接種すべき職種への対応
■適切なトリアージ体制の整備と意味のあるPCR検査の実施
■協力支援金等現行支援の対象外となる方への対策
■旧広島陸軍被服支廠に係る事業の進め方
■コロナ対策を担う県関係課の勤務状況
など

 

月1 一般質問(要旨)

公明党 : 下西 幸雄 議員〈呉市〉
船舶産業事業者への支援
他国との競争や新型コロナの影響により苦境にある本県の船舶産業について、地域経済と雇用を支える重要な産業として守るべきと考えるが、県のこれまでの取組と今後の支援について伺う。

これまで企業の設備投資・研究開発への支援や、雇用調整助成金など国の支援制度の活用促進に取り組んできた。
今後は、船舶産業が国の「カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の重要分野の一つであることを踏まえ、関係事業者のニーズを把握し、対策の検討や国への働きかけなど、支援にしっかり取り組みたい。
 
その他の質問項目

■新型コロナウイルス感染症に係る後遺症への対応
■県庁における危機管理体制の強化
■民間企業と連携したがん対策及び健康対策
■旧広島陸軍被服支廠の利活用策と国の重要文化財指定
■「生理の貧困」対策
■新型コロナウイルス感染拡大時に備えた保健所の体制強化と積極的疫学調査の徹底

 
自民議連 : 前田 康治 議員〈広島市安佐南区〉
教育職員による児童生徒性暴力防止法

子供たちが安心・安全に学校生活を送るためにも、わいせつ教員への教員免許の再交付については、免許授与権を持つ教育委員会として厳しい姿勢で臨み、採用の際はしっかり調査・確認を行ってほしいが、所見を伺う。

教職員による児童生徒に対するわいせつな行為は、決してあってはならない。児童生徒への性暴力により教員免許が失効した者への免許状の再交付には、これまで同様、厳しい姿勢で臨む。
また、教員の採用に当たって、わいせつ事案等を起こした者を採用することのないよう、厳正に取り組む。
 
その他の質問項目

■PCR検査の実施
■飲食店等に対する営業時間短縮及び休業の要請
■児童生徒に対するワクチン接種
■感染症予防のための児童生徒のマスク着用
■広島県西部こども家庭センターが一時保護していた児童の死亡事案

 
 
自民議連 : 出原 昌直 議員〈福山市〉
総合的視点に立った政策の推進
ひろしまビジョンの実現に向け、長期的な未来像を基点に議論し、総合的視点を持って未来の芽を見出すとともに、民間企業の可能性を引き出す創発的な政策を組み立てていくことが求められるが、所見を伺う。

施策の推進には、全体を俯瞰した総合的な視点を持った課題設定を行い、未来からの逆算的思考のほか市町や民間との協働等の多様な実施手法の考え方も取り入れ、戦略的に施策を立案することが重要である。
今後も総合的な視点を持った戦略構築力と施策の実効力をさらに高める取組を進め、ビジョンの実現に結びつける。
 
その他の質問項目

■せとうちDMOの存在価値の向上と持続性のある財源確保
■ひろしまブランドの価値向上
■若者に選ばれる高等教育機関の魅力づくり
■新型コロナにおけるヘルスリテラシー
■集中対策期間中における県立施設の休館による民間施設への影響

 
 

用語解説

集団免疫
人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなり、免疫を持たない人も間接的に感染から守られる状態。

カーボンニュートラル
人為的活動によって排出される温室効果ガス(CO2等)の量を、植林や再生可能エネルギーの導入、CO2の回収・再利用技術などにより相殺し、全体としてゼロにすること。

感染症拡大防止協力支援金
新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う人流抑制の観点から、酒類及びカラオケ設備を提供している飲食店等のうち、県の休業・営業時間短縮等の要請に協力した事業者に支給する支援金。

教育職員による児童生徒性暴力防止法(教育職員等による児童生徒性暴力等の防止等に関する法律)
教員による児童生徒へのわいせつ行為等を防止するための新法で、わいせつ行為等で免許を失効した教員の再取得を都道府県教育委員会が拒否することが可能となる。

 
 

ひろしま県議会だより第64号(3面)

常任委員会の動き(7月2日開催)

総務委員会

付託議案の審査結果
補正予算1件、条例案8件
原案可決

主な質疑事項
◆新型コロナウイルス感染症対策の施策点検による効果的な取組の展開、国への財源措置の要望による安定した財源基盤の確保
◆旧広島陸軍被服支廠の安全対策及び工事費縮減並びに今後の利活用検討の進め方
◆過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法の趣旨や市町の意見を踏まえた施策の充実等による県土の均衡ある発展
◆指定管理者制度導入施設における新型コロナウイルス感染症予防対策の充実

 

生活福祉保健委員会

付託議案の審査結果
補正予算3件、条例案5件
その他の議決案件2件
原案可決

主な質疑事項
◆感染状況を踏まえた宿泊療養施設の確保とこれまでの課題を踏まえた患者搬送体制の構築
◆県設置予定の一般向け新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場の地域の実情に応じた運用
◆PCR検査の必要性
◆新型コロナウイルスワクチンの供給見通しを踏まえた円滑な接種体制の確保
◆第5波に備えた飲食店の第三者認証制度設計
◆休業・時短要請に従わない事業者に対する厳格かつ迅速な対応

 

農林水産委員会

付託議案の審査結果
補正予算1件、条例案1件
原案可決

主な質疑事項
◆隣接県で豚熱が発生した場合の迅速なワクチン接種体制の整備及び野生イノシシの検査や経口ワクチンの散布の実施
◆ひろしま型スマート農業推進に向けた先導的モデルの確立及び農業の担い手への普及を見据えた実証等の実施
◆海底耕うんの実施に向けた先行事例の評価・検証及び関係者による協議の場の設置
◆ウッドショックや輸入飼料の高騰を踏まえた農林水産物の安全保障への対応

 

建設委員会

付託議案の審査結果
補正予算2件、条例案3件
原案可決

主な質疑事項
◆広島空港拠点強化に向けた航空会社等への支援及び利便性確保等の取組並びに国際線再開に向けた検疫体制の充実強化
◆海田大橋に係る使用料見直しに伴う交通量増加等への対応及び将来的な無料化の可能性検討
◆平成30年7月豪雨災害からの復旧・復興の完了に向けた取組及びハード・ソフトを併せた総合的な県土強靱化の推進
◆福川河川改修工事における歩道路面陥没の原因分析等を踏まえた再発防止策の検討

 

文教委員会

付託議案なし

主な質疑事項
◆教職員への迅速なワクチン接種
◆学校における事業所PCR検査の積極的な活用
◆コロナ禍における鬱や不登校児童生徒への対応
◆学校における生理の貧困への迅速な支援
◆わいせつ教員に対する厳格な対応など子供の最大の利益につながる取組
◆いじめ問題担当部署の常設や学校名の公表等再発防止に向けた取組

 

警察・商工労働委員会

付託議案の審査結果
補正予算1件
原案可決

主な質疑事項
◆小売業ECイノベーション実装支援事業の成果発現に向けた官民一体となった実効性ある取組
◆新型コロナウイルス感染症水際対策の長期化の影響を踏まえた中小・小規模企業の外国人材受入に対する必要かつ効果的な施策の実施
◆コロナ禍におけるテレワーク導入促進に向けた企業支援
◆暴力団減少に向けた取組の推進及び暴力団離脱者支援等を行う団体の活動の県民への周知

 

新常任委員会の構成(7月6日選任)

最終日の本会議において、委員長、副委員長及び委員が選任されました。

総務委員会(11人)

委員長:前田康治
自民議連〈広島市安佐南区〉

副委員長:西本博之
民主県政会〈東広島市〉

委員:高田 稔
民主県政会〈安芸郡〉

委員:出原昌直
自民議連〈福山市〉

委員:渡辺典子
広志会〈広島市安佐北区〉

委員:伊藤真由美
自民議連〈安芸郡〉

委員:福知基弘
民主県政会〈広島市西区〉

委員:森川家忠
自民議連〈竹原市・豊田郡〉

委員:沖井 純
自民議連〈江田島市〉

委員:日下美香
公明党〈広島市中区〉

委員:中本隆志
自民議連〈広島市南区〉

 

生活福祉保健委員会(11人(欠員1))

委員長:石津正啓
公明党〈福山市〉

副委員長:竹原 哲
自民議連〈広島市安佐南区〉

委員:玉重輝吉
自民議連〈安芸高田市〉

委員:鷹廣 純
民主県政会〈広島市安佐南区〉

委員:畑石顕司
自民議連〈広島市東区〉

委員:山下智之
自民議連〈廿日市市〉

委員:中原好治
民主県政会〈広島市南区〉

委員:辻 恒雄
共産〈福山市〉

委員:城戸常太
広志会〈呉市〉

委員:宇田 伸
自民議連〈福山市〉

 

農林水産委員会(10人)

委員長:井原 修
広志会〈東広島市〉

副委員長:平本英司
自民議連〈三原市・世羅郡〉

委員:稲葉 潔
民主県政会〈福山市〉

委員:尾熊良一
公明党〈福山市〉

委員:金口 巖
民主県政会〈尾道市〉

委員:小林秀矩
自民議連〈庄原市〉

委員:安井裕典
自民議連〈廿日市市〉

委員:下原康充
自民議連〈東広島市〉

委員:山崎正博
自民議連〈広島市安佐北区〉

委員:檜山俊宏
自民会〈広島市安芸区〉

 

建設委員会(11人)

委員長:宮崎康則
自民議連〈広島市佐伯区〉

副委員長:的場 豊
民主県政会〈福山市〉

委員:坪川竜大
自民大志会〈呉市〉

委員:平本 徹
広志会〈安芸郡〉

委員:狭戸尾 浩
自民議連〈大竹市〉

委員:窪田泰久
自民議連〈広島市南区〉

委員:下森宏昭
自民議連〈三次市〉

委員:栗原俊二
公明党〈広島市安佐南区〉

委員:東 保幸
民主県政会〈広島市安佐北区〉

委員:高山博州
自民議連〈尾道市〉

委員:松岡宏道
自民議連〈福山市〉

 

文教委員会(10人)

委員長:伊藤英治
自民議連〈三原市・世羅郡〉

副委員長:下西幸雄
公明党〈呉市〉

委員:恵飛須圭二
自民議連〈東広島市〉

委員:柿本忠則
民主県政会〈広島市東区〉

委員:西村克典
民主県政会〈広島市安芸区〉

委員:吉井清介
自民議連〈尾道市〉

委員:桑木良典
民主県政会〈三原市・世羅郡〉

委員:緒方直之
自民議連〈広島市東区〉

委員:宮本新八
広志会〈山県郡〉

委員:冨永健三
自民議連〈広島市佐伯区〉

 

警察・商工労働委員会(11人)

委員長:瀧本 実
民主県政会〈広島市佐伯区〉

副委員長:佐藤一直
広志会〈広島市中区〉

委員:山木 茂
自民議連〈広島市西区〉

委員:村上栄二
ひろしま令和〈福山市〉

委員:林 大蔵
自民議連〈広島市中区〉

委員:三好良治
自民議連〈福山市〉

委員:田川寿一
公明党〈広島市西区〉

委員:砂原克規
広志会〈広島市西区〉

委員:岡崎哲夫
自民議連〈府中市・神石郡〉

委員:犬童英徳
民主県政会〈呉市〉

委員:奥原信也
自民議連〈呉市〉

 

ひろしま県議会だより第64号(4面)

特別委員会を設置しました

最終日(7月6日)の本会議において、7つの特別委員会が設置されるとともに、委員長、副委員長及び委員が選任されました。

デジタルトランスフォーメーション推進・行財政対策特別委員会(11人)

調査事件
1 デジタルトランスフォーメーションの推進に関する調査の件
2 行政経営の質的向上及び安定的な税財政運営の確立、分権改革の推進に関する調査の件

委員長:出原昌直
副委員長:恵飛須圭二
委員:玉重輝吉
委員:伊藤英治
委員:的場 豊
委員:西村克典
委員:井原 修
委員:沖井 純
委員:日下美香
委員:東 保幸
委員:城戸常太                                        

 

未来を支える人づくり・少子化対策特別委員会(10人)

調査事件
1 全ての子供が夢を育むことができる社会づくり及び少子化対策に関する調査の件
2 一人一人が生涯にわたって自己の能力と可能性を最大限に高める人材育成と環境づくりに関する調査の件

委員長:尾熊良一
副委員長:鷹廣 純
委員:前田康治
委員:畑石顕司
委員:佐藤一直
委員:桑木良典
委員:辻 恒雄
委員:山崎正博
委員:宇田 伸
委員:奥原信也                                                                                  

 

地域魅力向上・適散適集社会づくり対策特別委員会(11人(欠員1))

調査事件
1 地域資源を活用した本県の魅力及び価値の向上に関する調査の件
2 個性豊かで多様な特性を生かした適散・適集な社会づくりに関する調査の件

委員長:窪田泰久
副委員長:高田 稔
委員:稲葉 潔
委員:吉井清介
委員:田川寿一
委員:中原好治
委員:下原康充
委員:砂原克規
委員:冨永健三
委員:岡崎哲夫                                                                                  

 

国際平和・観光振興対策特別委員会(10人)

調査事件
1 国際平和拠点ひろしま構想の推進による平和な国際社会の実現に関する調査の件
2 ウイズコロナ・アフターコロナを見据えた観光振興対策に関する調査の件

委員長:福知基弘
副委員長:林 大蔵
委員:坪川竜大
委員:宮崎康則
委員:狭戸尾 浩
委員:森川家忠
委員:栗原俊二
委員:安井裕典
委員:宮本新八
委員:犬童英徳                                                                                  

 

新産業振興・雇用対策特別委員会(10人)

調査事件
1 新型コロナ危機からの本県経済の早期回復、雇用対策の強化及び外国人材が活躍できる環境の整備に関する調査の件
2 環境・エネルギー産業等の新たなビジネス及びイノベーションを通じた本県産業の競争力強化に関する調査の件

委員長:三好良治
副委員長:山木 茂
委員:村上栄二
委員:竹原 哲
委員:平本 徹
委員:石津正啓
委員:瀧本 実
委員:山下智之
委員:金口 巖
委員:緒方直之                                                                                  

 

県土強靱化・危機管理強化対策特別委員会(10人)

調査事件
1 防災・減災、県土強靱化の推進及び平成30年7月豪雨災害の復旧・復興に関する調査の件
2 新興感染症や自然災害等の危機管理体制の強化に関する調査の件

委員長:渡辺典子
副委員長:平本英司
委員:柿本忠則
委員:西本博之
委員:下西幸雄
委員:伊藤真由美
委員:下森宏昭
委員:高山博州
委員:松岡宏道
委員:檜山俊宏                                                                                 

 

広島都心エリア活性化推進特別委員会(12人)

調査事件
1 紙屋町・八丁堀周辺地区の高次都市機能の強化に関する調査の件
2 基町エリアのまちづくりに関する調査の件

委員長:沖井 純
副委員長:福知基弘
委員:竹原 哲
委員:林 大蔵
委員:高田 稔
委員:鷹廣 純
委員:畑石顕司
委員:出原昌直
委員:渡辺典子
委員:下森宏昭
委員:日下美香
委員:冨永健三

 

議会運営委員会(7月6日選任)

議会の円滑な運営を図り、各会派間の連絡調整を行います。

委員長:山下智之
副委員長:瀧本 実
委員:前田康治
委員:高田 稔
委員:鷹廣 純
委員:畑石顕司
委員:出原昌直
委員:渡辺典子
委員:尾熊良一
委員:窪田泰久
委員:宮本新八
委員:下原康充

 

5・6月臨時会の概要

新型コロナウイルス感染症に係る補正予算を可決

新型コロナウイルス感染症対策強化のための補正予算案等に迅速に対処するため、5月14・15日に5月臨時会を、6月10・11日に6月臨時会を開催しました。本会議では計8人の議員が質疑を行い、常任委員会では付託された議案等について審査・調査を行いました。
審議の結果、5月臨時会では4議案、6月臨時会では1議案が原案のとおり可決並びに承認されました。なお、6月臨時会では、新型コロナウイルス感染症拡大防止協力支援事業予算の一部を削除する令和3年度広島県一般会計補正予算に対する修正案が提出されましたが、否決されました。

●質疑を行った議員及び主な質疑項目

(5月15日)

森川家忠 議員(竹原市・豊田郡/自民議連)
「社会的・経済的影響を最小限に抑えるための集中対策期間における戦略」など

西本博之 議員(東広島市/民主県政会)
「PCR検査拡大に伴う体制確保」など

城戸常太 議員(呉市/広志会)
「流川・薬研堀地区の協力支援事業対象区域・支給額の設定」など

日下美香 議員(広島市中区/公明党)
「時短等要請の影響を含む女性の貧困問題の実態把握」など

(6月10日)

下森宏昭 議員(三次市/自民議連)
「集中対策期間における取組の分析と評価」など

的場 豊 議員(福山市/民主県政会)
「第4波の封じ込め及び当たり前の生活を取り戻すための道のり」など

宮本新八 議員(山県郡/広志会)
「ワクチン接種の加速化に向けた市町への支援」など

尾熊良一 議員(福山市/公明党)
「今後の感染拡大防止に向けた取組」など

●5月補正予算   583億8,500万円
PCR検査体制の強化 1億6,500万円
緊急的な措置への対応 10億円
新型コロナウイルス感染症拡大防止協力支援 572億2,000万円

●6月補正予算   226億3,600万円
新型コロナウイルス感染症拡大防止協力支援 184億8,600万円
宿泊事業者に対する感染防止対策等支援 17億7,000万円
頑張る中小事業者月次支援金 23億8,000万円

 

第64号の巻頭写真撮影の高校生に感謝状を贈呈

本紙の巻頭写真を撮影した、山陽高等学校の藤永琉偉さんに、出原昌直広報委員長が議長からの感謝状を贈呈しました。
その後、巻頭写真を撮影した際のエピソードや学校生活などについて懇談しました。

 


本会議や委員会の模様をYouTubeで配信しています。(ライブ中継・録画中継)
広島県議会 検索→インターネット中継

現在、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、本会議の傍聴や委員会の視聴の座席数を制限しています。
視聴可能な方は、こちらのインターネット中継をご視聴ください。


テレビ広報番組の配信…「ひろしま県議会ダイジェスト」を配信しています。
キッズサイト「みんなの県議会」…県議会のしくみなどをわかりやすく説明しています。
会議録の閲覧と検索…本会議や委員会の会議録が登録されています。 

本会議の傍聴や委員会の視聴、議場の団体見学に関する情報は県議会ホームページをご覧ください。


この広報紙についてのご意見・ご要望をお寄せください。

ひろしま県議会だよりは、6月、9月、12月、2月の各定例会後に発行します。

あて先
〒730-8509 広島市中区基町10-52
広島県議会事務局 政策調査課
TEL 082-513-4743
FAX 082-222-9600
MAIL gikaichousa@pref.hiroshima.lg.jp

 「ひろしま県議会だより」は、県の施設、市町窓口、県内のコンビニエンスストアなどでも配布しています。また、広島県議会ホームページでもご覧いただけます。

この記事をシェアする

  • 議長あいさつ
  • 議会カレンダー
  • みんなの県議会
  • 県議会からのお知らせ
  • インターネット中継
  • 議事録と閲覧と検索
  • 県議会の情報公開