ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • 広島県議会トップページ
  • 【議長ブログ】8月6日(金曜日)厚生労働大臣の旧広島陸軍被服支廠の視察に同行しました。

【議長ブログ】8月6日(金曜日)厚生労働大臣の旧広島陸軍被服支廠の視察に同行しました。

印刷用ページを表示する掲載日2021年8月13日

田村厚生労働大臣の広島旧陸軍被服支廠(以下,「被服支廠」と表記)の

視察に同行し,知事とともに県の対応方針等を説明しました。

視察風景

被服支廠は,戦前は軍服などを製造する工場で,原爆投下直後には,

被爆者の臨時救護所として使用された,現存する最大級の被爆建物です。

4棟が現存しており,このうち県が3棟,国が1棟を所有しています。

県では,所有する3棟すべてを耐震化する方針を決定していますが,

国所有の1棟については対応が決まっておらず,国に対して県と連携するよう

要請をしているところです。

今回の視察で,田村大臣も被爆建物の重要性を認識され,

「保存,利活用のあり方について,県,広島市との議論を踏まえ検討して

いきたい」と述べられました。

大臣会見風景

県議会といたしましても,被服支廠の最適な保存・利活用に向けた検討を

進めてまいります。

 ↞ 議長ブログ一覧へ

この記事をシェアする

  • 議長あいさつ
  • 議会カレンダー
  • みんなの県議会
  • 県議会からのお知らせ
  • インターネット中継
  • 議事録と閲覧と検索
  • 県議会の情報公開