このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

「難治性・希少性疾患」の集約

印刷用ページを表示する掲載日2018年10月1日

目的

治療の難易度が高く,患者数が少ない疾患については,特定の病院に集約して,治療成績の向上を図る。

選定方法

集約する疾患及びその集約先の選定に当たっては,原則,年間の退院患者数が4基幹病院合計で150人未満であり,かつ 4基幹病院に患者数が分散している疾患(小児疾患については広島市内の主要8病院で50件未満で,かつ患者数が分散している疾患)を抽出したうえ, 4基幹病院を中心とする医療関係者に意見を聞いた。

集約先病院一覧

疾患名 疾患の集約先病院 連絡窓口
難治性てんかん 広島大学病院

広島大学 「てんかんセンター」

082-257-1719

角膜移植を必要とする角膜疾患 広島大学病院

最寄のかかりつけ医に相談

再生不良性貧血

広島大学病院

広島赤十字・原爆病院

広島大学「難病対策センター」 小児難病相談

082-256-5558

 

広島赤十字・原爆病院 地域医療連携課

082-241-3111

(内線:3211)

(15歳未満の小児に係る次の疾病)

脳腫瘍

縦隔悪性腫瘍,胸膜の悪性腫瘍

肺の悪性腫瘍

縦隔の良性腫瘍

小腸の悪性腫瘍

腹膜の悪性腫瘍

肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)

卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍

骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)

原発性免疫不全症候群

血友病

骨髄異形成症候群

広島大学病院

広島大学「難病対策センター」 小児難病相談

082-256-5558

(15歳未満の小児に係る次の疾病)

〔難治性〕ネフローゼ症候群

〔難治性〕慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全

県立広島病院

県立広島病院患者総合支援センター

082-252-6241

※集約する疾患について,随時増やしていく予定

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする