このページの本文へ
ページの先頭です。

平成24年11月8日(木曜日) 関西・広島ビジネスネットワークに出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2012年11月8日

 10時30分,華道家元池坊広島県連合支部の西原芙美香支部長ほか15名の皆さまがお見えになり,県花である「紅葉」を使った「広島県のいけばな」をいただきました。このイベントは,いけばな池坊550年祭の一環として,全国47都道府県を回り,都道府県の花をその土地で生けて,県庁において県民の方々に披露するというもので,広島県は「もみじ」が色付く11月となった次第です。花器は宮島焼きの壺を使い,作品のテーマは「栄える安芸・紅葉の秋」,秋の宮島をイメージされたそうです。私も最後の一本を挿花し,もちろん,指導の下でしたが,確かにこの一本で全体が引き締まったような気がします。大変素晴らしいいけばなで,見ていると気持ちが安らぎますね。

池坊01池坊02池坊03

 13時,第11回広島県「減らそう犯罪」推進会議に出席しました。 会議では,県内の犯罪情勢,「なくそう犯罪」ひろしま新アクション・プランに係る平成24年度の進捗状況と平成25年度の取組方向などについて話し合いました。平成15年から取組んだ「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動により,平成23年の刑法犯認知件数は戦後最少となるなど成果をあげています。しかし,こども,女性,高齢者を狙った犯罪は増加するなど日常生活を脅かす犯罪は跡を絶ちません。今後とも,県民総ぐるみで日本一安全・安心な広島県の実現を目指して,相互の連携・協力を高めていきたいと思います。

241108241108-1241108-2

 16時50分, 大阪において,関西・ビジネスネットワークを開催しました。広島県では,昨年7月に,「ひろしま産業新成長ビジョン」を策定し,新たな産業の創出を図る「イノベーション立県」の実現や,アジアを中心とする成長市場の獲得など,将来に向けた強固な経済基盤の確立と魅力ある雇用の創出に取り組んでいます。この実現のため,県内企業の皆様の医療・環境関連ビジネスの拡大を積極的に支援するとともに,企業の誘致が非常に効果的であり,県内企業,広島大学そして広島県のプレゼンテーションなどを実施したものです。

 広島県には,様々な分野で世界屈指の独自技術を持つオンリーワン企業や,全国的・世界的に高いシェアを持つナンバーワン企業が数多く立地するなど,世界に誇るものづくり技術が集積しています。加えて,ビジネスに新たな活力を生み出す,理工系大学や地元企業の持つ開発力,技術力といった知的資源が集積しています。さらに,瀬戸内海に代表される恵まれた自然環境と高度な都市機能の共存,拠点都市間を縦横に結ぶ高速道路網などの生活インフラの充実,そしてなにより自然災害が少なく,他地域と比較して,十分に余力のある電力供給ができる広島県は,企業の安定した事業活動に貢献できることをPRしました。

 また,コベルコ建機株式会社 代表取締役社長の藤岡 純様より,御講演をいただきました。今年5月,広島市五日市地区において,グローバル生産拠点の司令塔となるグローバル・エンジニアリング・センターと五日市工場を稼動され,広島の地で,世界最高水準の生産性と競争力の実現をめざす「コベルコ建機」の最先端の取組などについて,大変興味深いお話を伺うことができました。今後は,広島県のみではなく,民間企業や大学など産官学が連携して,出席された企業の皆様が,広島県をパートナーとして選んでいただけるよう取組んでいきたいと思います。

H24関西ビジネスネットワーク01H24関西ビジネスネットワーク02

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする