このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年3月20日(土) 第3回県政知事懇談で東広島市を訪ねました

印刷用ページを表示する掲載日2010年3月20日

県政知事懇談「湯崎英彦の宝さがし」の第3回として,東広島市を訪ねました。

初めに,平成20年に地域の農家の方々で法人化された「農事組合法人 ファーム西田口」を訪問し,代表理事の小池さんに説明していただきながら,農場の一部を見学させて貰いました。現在,アスパラガスを1.7ヘクタールほど栽培されているそうです。アスパラガスは,水を豊富にやり丁寧に栽培する必要があるそうですが,法人の構成者64名で分担して作業できること,農業機械等を共同して利用できることなどから,県内でも最大級の栽培規模に拡張することができたそうです。来年以降も,更に収穫量を増加させることを目標に掲げ,取り組んでいくとおっしゃっていました。

ファーム西田口1ファーム西田口2

この後,白市地区へ移動し,国重要文化財の旧木原家住宅など江戸時代の建物等が残り,市場町の賑わいを伝える古い町並みを歩きました。地域の皆さんによる歌舞伎も催されるとのこと。地域全体で,昔ながらの町並みを守っておられることが印象的でした。

白市1白市2

11時20分に,「キッズプラザひがしひろしま ゆめもくば」を訪問しました。ここでは,0歳から2歳の親子が一緒に安心して過ごせるスペースを提供されています。また,スタッフが子育て経験者であるため,色々な情報交換や相談などにも対応されているとのことでした。訪問した時間帯には,30名くらいのお母さんお父さん,お子さんが,絵本を読んだり,おもちゃで遊んだりして過ごしていました。私も,久しぶりに絵本の読み聞かせに「挑戦」。初めのうちは,余り興味を示してくれなかった子どもたちも,最後には絵本のカエルと一緒になって「ぴょーん」とジャンプしてくれました。

ゆめもくば1ゆめもくば2

午前中最後は,西条酒蔵通りを訪問しました。原酒の一つを試飲させていただきました。おかしな表現かも知れませんが,ぴりっとした甘みが利いているという印象。最近では,清酒だけではなく,酒粕を利用したうどんやパン,そしてアイスクリームまで作っているそうです。伝統の中にも新しい製品の開発に取り組んでいく,老舗酒蔵の挑戦心が垣間見れました。酒蔵通りには8銘柄の醸造場があり,ボランティアガイドと一緒に歩くモデルコースも設定されているとのこと。全国の日本酒ファンの方々,是非,西条へおこしください。

西条酒蔵1西条酒蔵2

午後からは,東広島市総合福祉センターで県政知事懇談がありました。東広島市は,沿岸部では漁業,山間部では農業に関すること,中心部では製造業等を中心とした産業に関すること,そして,ニュータウンがあり,子育てや教育,国際交流に関することと,地域ごとに多種多様な特色を持ったユニークな地域という印象を受けました。そういう意味で,広島県の縮図といった地域だと思います。様々な分野に取り組む方々が,今日のような場を通じて相互交流を図り,相乗的な効果が生まれていけばよいですね。

知事懇談2知事懇談1

余談ですが。。。東広島市総合福祉センターにもありました「階段歩こうキャンペーン」ステッカー

階段あるこう

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする