このページの本文へ
ページの先頭です。

備えあれば憂いなし ~災害に強い施設園芸づくりに向けて~

印刷用ページを表示する掲載日2018年11月8日

 近年,台風,大雪,地震といった自然災害が多発しており,これまで災害が発生していなかったような地域を含めて被害が発生しています。平成30年7月の豪雨においても,県内の農作物に大きな被害がありました。

 特に、園芸施設は経営に不可欠な生産施設であることから、園芸施設共済に加入して農業者が自ら備えることが重要です。

 農業の災害対策については,農業保険への加入が基本となっています。被災した園芸施設の復旧等を支援する事業等の特別対策は,過去に例をみないような甚大な気象災害の発生した場合に限られることから,万一の場合に備え,農業保険(園芸施設共済,収入保険)への加入をご検討ください。

 園芸施設共済,収入保険へのお問い合わせについては,広島県農業共済組合までお願いします。

 農業用ハウスをご利用の皆様へ~災害に強い施設園芸づくりに向けて~ (PDFファイル)(1.01MB) (PDFファイル)(1.03MB)

  

 

 関連リンク

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする