ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

男子ハンドボール部が全国大会準優勝!(甲田中学校)

 安芸高田市立甲田中学校男子ハンドボール部が,平成29年8月17日~20日に沖縄県那覇市・豊見城市で開催された「平成29年度全国中学校体育大会(第46回全国中学校ハンドボール大会)」において,準優勝を成し遂げました。

 10月2日(月)に以下の生徒たちが教育次長を訪問し,準優勝の報告を行うとともに,12月に開催されるジュニアオリンピック(JOC)等,今後に向けて抱負を述べました。 

 3年:大田義也(おおたよしなり) 小先勇輝(こさきゆうき) 笹村拓斗(ささむらたくと) 首藤岳飛(しゅとうがくと) 原田晋平(はらだしんぺい) 前川大樹(まえかわひろき)
 2年:姉ヶ山怜(あねがやまれい) 首藤颯汰(しゅとうそうた) 中野駿介(なかのしゅんすけ)
 1年:山本昂太(やまもとこうた) 奥田将吾(おくだしょうご)

トロフィー報告風景

 生徒たちは,
 「準優勝できたのは保護者や先生たちの支えがあったからだと思います。これからも感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいです。」
 「プロのハンドボール選手からもよく頑張ったと声をかけてもらえてうれしかったです。」
 「この経験を活かして,受験も頑張りたいです。」
 と,感想などを語りました。

 教育次長は,
 「監督の指示を理解して,なぜそれをしないといけないのか考えることが大切です。」
 「強豪校であり続けるためには,先輩が後輩をしっかりと指導することが重要です。」
 「次回は優勝の報告を聞けることを楽しみにしています。」
 と話しました。

教育次長から

 最後に今回の活躍をたたえるとともに,今後の更なる活躍にエールを送り,「夢は叶う」と書かれた色紙をプレゼントしました。

集合写真

安芸高田市立甲田中学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする