ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教育長からのメッセージ

教育長 平川 理恵

 

 

 本県では,平成26年12月に策定した広島版「学びの変革」アクション・プランに基づき,生涯にわたって主体的に学び続け,多様な人々と協働して新たな価値を創造することのできる人材の育成を目指した教育を進めています。

 今年度は,「学びの変革」を更に加速させるため,ICTを基盤とする環境整備による探究的な学習活動を充実させることとし,県立高等学校における一人1台のPC端末導入を進めています。ICTを効果的に活用することにより,自ら新しい価値を作り出す力や多様な他者と協働できる力など,これからの変化の激しい社会を生き抜くことのできる資質・能力の育成に取り組みます。

 また,子供たち一人一人の学習進度や能力・関心に応じた個別最適な学びを実現するため,イエナプラン教育やEdTechなどの実践事例を取り入れた実証研究を行うとともに,家庭の経済的事情等にかかわらず,全ての子供の能力と可能性を最大限高められるよう,多様な児童生徒に対応した学びの選択肢の提供に向けて,不登校等児童生徒への支援や外国人児童生徒への教育を充実させます。

 これらの取組を着実に前に進め,「学びの変革」を円滑に実施するため,学習指導要領の改訂や新たな教育課題に適切に対応できる学校体制を構築するとともに,限られた時間の中で,教員が子供と向き合う時間を確保することができる職場環境の改善に取り組んでまいります。

 本年も,引き続き現場主義を基点とし,学校現場の声にしっかりと耳を傾けながら,広島で学ぶ子供たちが「広島で学んで良かった」と思える日本一の教育県の実現を目指してまいります。

 令和2年4月  教育長 平 川 理 恵 

kyouikutyou

教育長学校等訪問記録はこちら

 

 

この記事をシェアする