ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県 教育に関する大綱

広島県 教育に関する大綱

広島県 教育に関する大綱 を策定しました

 平成28年2月,本県の「教育に関する大綱」を策定しました。

 この「教育に関する大綱」は,平成27年4月の地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正により,地方公共団体の長が,国の教育振興基本計画を参酌し,地域の実情に応じて,定めることとされたものです。

 本県では,平成27年度に3回の「総合教育会議」を開催し,知事と教育委員会で「教育に関する大綱」についての協議を行い,「大綱」(案)として取りまとめた上で,幅広く関係者に説明し,その際いただいた御意見も踏まえ,知事が策定しました。

広島県 教育に関する大綱 (平成28年2月策定) (PDFファイル)(869KB) 

広島県 教育に関する大綱 のポイント

 広島県 教育に関する大綱 は,

・教育委員会が所管する施策

・知事部局が所管する施策

・教育委員会と知事部局が連携して取り組む必要がある施策

をあわせた,今後おおむね5年間の本県教育施策全般の基本的方向性を整理したものです。

広島県 教育に関する大綱 の構成

 広島県 教育に関する大綱 は,

・幼児期から大学・社会人まで

・オール広島県

・広島らしさ

を3つの柱として,

・大綱全体を貫くコンセプトとなる「テーマ」

・「本県教育の現状」や「本県の育成すべき人材」など,4つの柱で構成する「総論」

・「就学前教育」「学校教育」「学校教育等を支える環境」に関する9つの項目で構成する「各論」

で構成しています。

このページに関連する情報

広島県 総合教育会議

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)