ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > いじめ問題のホームページ 5 いじめ問題の指導モデルと留意事項

いじめ問題のホームページ 5 いじめ問題の指導モデルと留意事項

いじめ問題の解決のために

5 いじめ問題の指導モデルと留意事項

 いじめへの対応はスピードが大切!しかし,拙速な対応は事態を悪化させる!

留意点

(1)

情報収集
(その1)

発見した教職員が状況を報告,整理

★  状況等を管理職及び生徒指導主事等に,報告する。

★  できるだけ具体的に,事実を整理する。

(2)

情報収集

(その2)

複数の教職員から情報を収集

★担任,副担任,教科担任,養護教諭,クラブ担当教員,部活動顧問等から情報収集する。

(3)

指導方針の検討

(その1)

生徒指導部会の開催

★教職員からの情報を基に,今後の対応方針を検討する。

(4)

保護者対応

(その1)

被害児童生徒の保護者への対応

★被害児童生徒の保護者に対し,現時点での状況と今後の指導について説明する。

(5)

事実確認

(その1)

被害児童生徒からの聞き取り

★時間,場所,状況等に配慮する。

★徹底して守り通すという毅然とした態度を示す。

★心情に寄り添いながら,具体的な事実とともに,思いを丁寧に聞き取る。

(6)

指導方針の検討

(その2)

生徒指導部会の開催

★教職員からの情報,被害児童生徒からの事実確認を基に,今後の対応及び指導方針を検討する。

(7)

事実確認

(その2)

周囲の児童生徒からの聞き取り

★被害児童生徒の状況,人間関係に十分配慮して行う。

(8)

指導方針の検討

(その3)

生徒指導部会の開催

★周囲の児童生徒からの聞き取りを基に,事実を整理する。

(9)

保護者対応

(その2)

被害児童生徒の保護者への対応

★いじめの状況,指導方針等の説明及び家庭の状況についての聞き取り。

(10)

事実確認

(その3)

加害児童生徒からの聞き取り

★被害児童生徒,教職員等からの聞き取りを基に,事実確認を行う。

(11)

指導方針の検討

(その4)

生徒指導部会の開催

★加害児童生徒からの事実確認を基に,今後の対応及び指導方針を検討する。

(12)

保護者対応

(その3)

加害児童生徒の保護者への説明

★確定した事実とともに,学校としての指導方針を説明する。

被害児童生徒の保護者への説明

★学校の取組状況についての説明と,当該児童生徒の学校での様子について説明する。

(13)

特別な指導

加害児童生徒に対する,毅然とした指導

★指導方針に従って実施する。

(14)    

人間関係の修復

謝罪の場等の設定

★被害児童生徒保護者と連携し,意向を反映させる。

(15)

学級(ホームルーム)に対する指導

いじめのない学級(ホームルーム)づくり

★被害及び加害児童生徒だけの問題として捉えるのではなく,周りでいじめをはやし立てたり,見て見ぬふりをしたりした児童生徒の指導を行う。

★いじめを許さない望ましい集団づくりを行う。

(16)

指導後の状況把握

加害被害児童生徒の状況把握

★当該児童生徒との面接,保護者との連携,授業での状況等を把握する。

「いじめられている児童生徒を必ず守る!」「事実関係の把握は迅速かつ正確に!」

いじめの問題の指導モデルと留意事項

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。