ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 特別支援学校高等部普通科に職業コースを設置

特別支援学校高等部普通科に職業コースを設置

特別支援学校高等部普通科における職業コースの設置について

 平成20年9月12日に開催された教育委員会会議において,「広島県特別支援教育ビジョン」(平成20年7月策定)に基づき,生徒の職業的自立を促進するため,知的障害特別支援学校高等部普通科に,次のとおり職業コースを設置することが決定されました。

1 趣旨

 「広島県特別支援教育ビジョン」(平成20年7月策定)に基づき,生徒の職業的自立を促進するため,知的障害特別支援学校高等部普通科に,次のとおり職業コースを設置する。

2 設置校及び設置時期

(1)設置校

 福山北特別支援学校
 広島北特別支援学校

(2)設置時期

 平成21年4月1日

3 職業コースの概要(教育の特色)

(1) 教育活動全体を通した,職業観・勤労観の育成
(2) 各教科等の指導を通した,職業的自立に必要な知識・技能の向上
(3) 週のうち1/3を超える作業学習等の授業時数
(4) 内容
 ア ビルメンテナンス,商品の包装・箱詰め・運搬・保管・管理,食品加工等の作業学習
 イ 地域の公共施設及び企業等と連携した実習

4 職業コースの入学者選抜の実施

(1)入学定員

8人(1学級)

(2)出願資格

(次のア~ウの全てに該当する者)

ア 入学希望者の保護者の住所が,福山北特別支援学校又は広島北特別支援学校のいずれかの学区内にある者(「広島県立特別支援学校の就学区域に関する規則」(平成15年広島県教育委員会規則第9号第3条第2項))
イ 学校教育法施行令(昭和28年政令第340号)第22条の3に該当する知的障害者であって,かつ,次の(ア)~(ウ)のいずれかに該当する者
 (ア)特別支援学校中学部を卒業する見込の者又は特別支援学校中学部を卒業した者
 (イ)中学校を卒業する見込の者又は中学校を卒業した者
 (ウ)学校教育法施行規則第95条各号の一に該当する者又は同条第1号若しくは第2号に規定する課程を修了する見込みの者
ウ 公共交通機関等を利用して自力通学することが見込める者

(3)入学者選抜の概要

適性検査(筆記),作業・運動能力検査,面接

(4)福山北特別支援学校及び広島北特別支援学校の普通科職業コースに出願した者は,当該学校の普通科に併願できるものとする。

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。