ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 是正指導報告書に対する文部科学省の指導

是正指導報告書に対する文部科学省の指導

是正指導報告書に対する文部科学省の指導の内容

1 期日

平成13年6月21日(木曜日)

2 文部科学省出席者

      文部科学省大臣官房審議官

      文部科学省初等中等教育企画課長

      文部科学省教育課程課長

3 広島県出席者

      広島県教育委員会教育長

      福山市教育委員会教育長 

4 指導内容

(1)是正指導の取組みの評価

○広島県教育委員会及び福山市教育委員会の精力的な取組みにより,是正指導の各事項に大幅な改善が図られたと評価
○教育の中立性の確保や開かれた学校づくり等,教育改革の推進を評価

(2)今後の取組みに対する指導

○次の事項に取り組むとともに,適宜,改善状況を報告すること
・各市町村,各学校における是正の確実な定着を図ること
・国旗掲揚・国歌斉唱,道徳及び人権に関する学習内容等の教育活動について,是正指導を継続し,内容面の定着と充実を図ること
・主任制の機能化など校長を中心とした組織的な学校運営を確立すること
○教育の公開性を重視し,開かれた学校,開かれた教育行政を推進すること

○県民に信頼される公教育の確立のために,教育介入の排除と教育の中立性の確保を確実なものとすること


更新日:平成13年6月21日

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。